メルカリ始めました▷

【apple card】appleカード、日本登場の時期は?加入する理由とメリット

2019年3月に発表されたappleカード。

いや、ここ最近のappleのプロダクト、サービスでは最もワクワクしたかもしれません。僕、「これ日本で出たらすぐに入ろう」と一瞬で思いましたもんね。

appleカードとは?その特徴

appleカードはiphoneやapple watchで使えるキャッシュレス決済サービスだと思えばよいかと思います。既にappleではapple payというキャッシュレス決済サービスを展開していますが、apple payを使う際には連携するクレジットカードが必要なわけで、底の部分をこのappleカードが担う、という事ですね。

”カード”と名称がついていますが、普段我々が馴染みのあるクレジットカードはお財布の中などに入れている”物理的にカード”ですが、appleカードはそうじゃありません。オンライン上で決済していくことを大前提としていると思われます。
一応、物理的なカードも用意されてはいますが、本筋ではないでしょうね(でも、このカードがかっこいい・・・。後述します)。

appleは基本的にハートメーカーであり、機械や端末を売ることでビジネスを行ってきましたが、apple musicを始めサービスによるビジネスを強化しています。そしてついにファイナンスにまで領域を広げてきた、と。
GoogleやAmazonはサービスからの出発でしたが、逆にデバイスを製造して売り始めるようになっているあたりが面白いですね。

支出の管理はすべてiphoneで行えます。このあたりがappleのうまいところというか本領発揮というか。デバイスとサービスをワンストップで提供しているからこそ出来る手軽さですね。

なお、appleカードはゴールドマン・サックスとマスターカードと連携してこのサービスを行うようです。この2社、勿論世界的なブランドカンパニーではありますが、appleとビジネスパートナーとしてこのサービスをこっそりと進めている時、わくわくしただろうなあ・・・。

appleカードのメリット

appleカード最大のメリットはDaily Cashというキャッシュバックプログラムがあることじゃないでしょうか。つまり、使った分の2%のお金が戻ってくる、という点です。
ポイントとかじゃなくて現金が戻ってくるというのがわかりやすくていいですよね。しかもすごいのは、翌日にはもう手持ちのappleカードにチャージされている点。paypayやファミペイなどのQR決済サービスでは大規模なポイントバックキャンペーンを展開していましたが、ポイントが反映されるのは翌月とかでした。まあそれはそれで忘れた頃に戻ってくる楽しみはありましたけど、やっぱり即時で反映されてくるのは大きいと思います。

ちなみに、この還元率は2%ですが、apple製品を買う場合は1%上乗せされます。つまり、appleカードでairpodsやipadなどを買った場合は合計で3%戻ってくる、ということです。
どの量販店に行っても基本的に値引きが適応されないapple製品でこれは大きいのではないでしょうか。消費税増税の負担分が少しだけ緩和される、くらいの感じではありますが、ひょっとしたらapple製品を一番安く買う手段はこのappleカードになるかもしれません。

appleカード(物理)がかっこいいぞ!!!これは欲しい・・・!


上述しましたが、appleカードは基本的にはオンライン上のサービスです。しかし「クレジットカード」と名乗っているので物理的なカードもちゃんと存在していて、これは希望すれば誰でも入手できるようです。
ちょっとみてくださいよこのカード。めっちゃかっこよくないですか?しかもどうやら金属製のようです。ちょっと重いのかな?でもそれでも全然いいですよね、この高級感。

基本的にapple製品って所有欲を最大限満たしてくれるプロダクトが多いし、それは機能面やサービス面などトータルで見たパッケージ完成度なわけですが、最終的にはこの「見た目」の魅力は大きいと思います。勿論、デザインがどんなに優れていても中身が微妙だったらこの所有欲満たされ感はないと思うのですが、このあたりの川上から川下まで、appleサービスに触れる時のユーザエクスペリエンスは最高なものがありますよね。

ちなみにこのappleカード、入手したらすぐにアクティベート出来る模様。残念ながら僕はまだ持っていないですが、この記事にアクティベートがどれだけ簡単かわかりやすく書いてあるのでご紹介しておきます。
参考 「Apple Card」の物理カードを入手--アクティベーションはどんな感じ?cnetjapan

この記事にも書かれてますが、このカードを持っていたら絶対に見せびらかしたくなるし、そうすると話題にもなる。高額なTVCM打たなくてもユーザがプロモーションしてくれるわけですから、本当にブランドを確立するって大切なんだなあと思います。

日本での発売時期はいつ?QR決済サービスとの競合は?

appleカード、まずはお膝元である米国でサービスが始まったようですが、日本でも商標登録が先日なされたのでいつか必ずリリースされるはずです。
年内ってのはちょっとないのかもしれませんが、2020年には東京五輪が始まるわけで、外国人観光客含め地球上の多くの人が日本を訪れます。きっとその時までには日本でもリリースされているんじゃないでしょうか。

僕は勿論、リリースされたら秒速で入会しますよ。だって絶対便利だし、何よりかっこいいもの。

しかしこうなると戦々恐々としてるのが国産のQR決済サービスでしょうねえ。日本のapple好きは世界有数だとも言われています。基本、国内でのサービス展開しか予定していないであろう各社のQR決済サービスですが、日本にappleカードが上陸してきてみんながみんなこれを使い始めてきたらQR決済は爆死でしょうね・・・。少なくとも、乱立している現状からだいぶ淘汰されると思います。最後に残ってるのはどこなのかな・・・。

Appleガジェット究極活用ガイド!
standards (2019-03-01)
売り上げランキング: 992

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です