メルカリ始めました▷

【ネタバレなし】天気の子、感想。君の名はほどヒットはしないまでも、味わいある作品

前回、こんな記事を書いたのだが、早速見てきた。

【鑑賞前】天気の子を見る前に語る感想 | Strobolights
まだ見てませんけど、見る前に書いておきます。秒速5cm、君の名は。そして、天気の子について。

こういうのはある程度波に乗った方がいいでしょ、ということで公開開始してからなるべく日数を開けずに見たかったのだ。今回、用事があった立川駅の映画館で席が取れたので時間を作って行ってきた、というわけ。

というわけでネタバレなしで感想と、これから見る人向けに考えるべきポイントを書いておきます。

天気の子はカップルだらけ?と思いきや独り者も多かった

今回僕は土曜の夜、という血気盛んなカップル達の祝祭のようなタイミングでこの映画を一人で見てきた。偶数で並んでる席を無駄に一席潰してしまって申し訳ないかなあと思いつつ、浪人時代の時に当時の大ヒット映画「タイタニック」を一人で見に行ったことがあるので気にせず突撃。
公開直後の土曜ということもあって、流石に満席。いやあ、事前に席取れてよかったぜ!このあとどれくらいピークが続くんですかねえ。

劇場にはこんなパネルがありました。一緒に写真撮るフォトスペースかな?と思ったらQRコードが付いてて、これを読み込むと来場者限定の壁紙が複数種類用意されてました。

そのうちの一枚がこれ。ヒロインである陽菜のアンニュイな一枚。

立川のシネマワンの劇場内。席に灯篭みたいなランプが点灯してる。おおーって一瞬思っちゃいましたね。綺麗です。上映が始まるともちろん消えるけどね。

なお、カップルだらけかと思ったらそうでもなく。実際、僕の隣は一人で見る若い女性。僕以外にも一人で来てるっぽい男性が結構多かった印象。ウンウン、一緒に行く人がいなかったんだな!でもなるべく早めに見ておきたいもんね。わかるわー。

ネタバレなしの天気の子の感想

さてここからは感想。結論から言うと「悪くはないけど君の名はほどヒットはしないんじゃないかな」と言う感想と「分かりづらいけど考えようと思えば考えるポイントがたくさんある作品」と言うのが僕の感想。
と言うわけで1つずつ書いていきます。ネタバレしない程度に。

悪くはないけど、君の名はほどヒットはしない、と思った理由

今回、初日の興行収入では君の名はの初日の110%オーバーの順調なスタートを切ったらしい「天気の子」。ただ、君の名はほどのヒットはしないと思う。
理由は2つあって。
まず1つは口コミ。これから色々と口コミが広がって行くと思うんだけど、「君の名は」のようにムーブメントになることはないんだろうなと思ってしまう。理由は「分かりづらいから」。君の名はは、エンタメに振り切った作り方をしていて「男女が入れ替わる」と言う青春ファンタジーラブコメディの超王道のような展開から一転してスケールの大きな大スペクタクル、そしてラストまで一気に、怒涛のように流れていく。そしてそうした勢いを支える美麗なビジュアルと、美しい音楽。なんだかよくわかんないけどものすごい勢いで強引に泣かせに行ったのが「君の名は」だったし、前知識ない状態で見るとあの隕石のくだりは結構衝撃で「え、なんかそんな話なんすか??」と裏切られる。この「裏切られる」度合いがでかいのでそれだけで観客は満足感ある。

一方、今回の「天気の子」は「分かりづらい」。分かりづらいといってもストーリーがじゃない。むしろストーリーは君の名はに比べると明瞭だしシンプルだ。何が分かりづらいかと言うと、「分かりやすいエンタメがない」ことだと思う。さっき書いた通り、君の名はは分かりやすくどストレートに泣かせにきた。今回の天気の子はそうじゃないんだ。ちゃんとエンタテイメントとしてストーリーは完結してるしそれなりのクライマックスもあるんだけど、君の名はみたいなスケール感とかスピード感がない。なんとなく、じんわりとくる映画なのだ。だから多分、口コミになりづらいんじゃないかなーと。

ヒットしない理由2つ目は、リピートにいく理由がない点。君の名はは、スピード感と勢いで一気に進むわりに複雑な構成をしていて、初見では物語の詳細は掴みきれない人が多いんじゃないかと思う。合わせて小ネタがたくさん散りばめられていて、二度目三度目と見るごとに新しい発見がある。僕自身も「よくわかんないところあるから二回目見てみよう」と劇場まで二回見に行った。

一方今回の天気の子は小ネタは相変わらず多いものの、ストーリー自体は分かりやすく「意味がわからなかった」と言う人は少ないんじゃないかと思う。だから二回目はなーと思っちゃう。君の名はでも出版された、サイドB的なエピソードを集めたノベライズ版が出て、それを読むことで本編の理解が一気に進む、みたいなことがあれば天気の子ももう一度見てみたいとも思うが、今回は今の所そうした情報はない。

数字があるのかどうか知らないが、君の名ははリピーターが多いと言う説がある。それが今回はそこまで望めないんじゃないかと言うわけ。

以上、2つの理由から「君の名はほどにはヒットしないのでは」と思うのです。

分かりづらいけど考えようと思えば考えるポイントがたくさんある作品

ただじゃあ駄作かと言うとそうではない。前作ほどの奇跡的大ヒットはしないだろうと言うだけで、それなりの大ヒットはするだろうしつまんないわけじゃない。むしろ、実にメッセージ性のある映画だったなと思う。
君の名ははエンタメ!!であり、何かを強く訴えかけてくる話ではなかった。ただ今回はあらゆるメタファーが詰め込まれていて、そうしたメッセージを受け取って考えたり議論したりする人からしたら前作以上に味わい深い作品なんじゃないかと思う(ただ一方、多くの人はそんな映画の楽しみ方はしないので、話は戻るが前作ほどヒットはしないと思われる)。

ネタバレはしないが、今作はラストに非常に重要な展開が待っている。まず第一に、これは果たしてありなのかなしなのか、と言うこと。そしてこれは受け取る人によって意見が分かれると思う。
僕個人としては「全然あり」だが、「いや、ダメでしょwww」となる人だっていると思う。

そして次に僕が興味深いなと思ったのが、主人公である帆高くんと世界(=社会)との関連性だ。今回の映画で僕が印象に残っているのが「銃」だ。なんかこの映画の中で銃の存在はとても収まりが悪くて明らかに浮いている。ただその収まりの悪さが逆に強い印象を与えていて、映画のメッセージを代弁する役割として機能しているような気がする。

この映画のテーマはつまり「個人と社会」だと思うんだけど、そこで帆高くんの持つ「銃」が大きな役割を果たしていると僕は思う。
他にもメインの登場人物それぞれが「何かのメタファー」となっていて、それらが全てこの映画のメッセージであり、観客への問いかけになっている。だからこの映画は「考えようと思えば考えるポイントがたくさんある」のだ。
スルメのような味わいのある作品かもしれない。

今後見る人が事前に考えておいてほしい見るポイント

と言うわけで、今回の「天気の子」は普通に流そうと思えば流せる作品だ。*ただ、純粋なエンタメとしてみるとパンチが弱く分かりづらいんだけど。
映像は綺麗だしキャラクターもみんな好感も持てるしストーリーも分かりやすい。

ただ、さっき書いた通り実は考えるべきポイントもいろいろある。
と言うことでこれから見る人はこれらのポイントをあらかじめ意識しておくといいかもしれない。

・奇跡的大ヒットとなった新海誠監督がその次に作った作品、と言うことで、新海監督はこの映画に何を込めたかったのか
・今の自分にとってストレスになっていることは何か。自分の人生に対して、自分はどう向き合ってきたか
・自分にとっての正義とは何か。究極的な選択をすることになったら、自分は一体何を大事にするか

詳しくは書かない。でもこれらを自覚してから見ると、多分いろいろ味わい深い映画なんじゃないかと思う。

楽しんでくだされ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です