メルカリ始めました▷

【鑑賞前】天気の子を見る前に語る感想

この記事は2019年7月16日に書いている。

何が言いたいかというと、新海誠監督の新作「天気の子」の上映前に書いている、ということだ。

言っておくけど僕はこの天気の子について事前情報はほとんど持っていない。意図的にこの映画の情報は見ないようにしてきたつもりだからだ。

どうやらまたボーイミーツガール系だということとまあなんらか天気が絡んでいるんだろうということ、空とか雲とかがやたらフィーチャーされてて印象的で、また主題歌がRADWINPSだということしか知らない。

またスタンスをはっきりしておくけど、僕は新海誠監督作品は全部見たけど、「君の名は」より断然「秒速5cmメートル」派だ。何故なら新海監督の作品で初めて見たのは秒速だったし、それに結構な衝撃(というかトラウマをえぐられた)を受け、そのノリで君の名はを見て「え、何この青春リア充アニメ」と思ったクチだ。そのあと何か釈然としなくて小説読んで「なるほど」と思ってもう一度君の名はを劇場に観に行って二回目で初めて感動できた、というタイプだ(そんなタイプがあるのか知らないけど)。
*この辺りのことは過去のこれら3記事をご覧くださいませ。

【ネタバレあり】新海誠映画「君の名は」がイマイチだった件 | Strobolights
三葉は可愛かったんだけど、新海誠に求めていたのはこれじゃない、というのが本音です。
【ネタバレあり】秒速5センチメートルと君の名は。の違い | Strobolights
*ネタバレ前提です。これから見ようと思ってる人は、そっとじ推奨です。 秒速5センチメートルと君の名は。 何年前のことだったか、そして何がきっかけだったかはっきり覚えていないが、深夜、一人で秒速5センチメートルを見た。確かitunesでレンタルしたんだっけ。 まあ、結構な衝撃だった。おそらく大多数の成人男性が受けるであろう衝撃と胸の疼きを僕は覚えた。そして新海誠という天才の存在を認知した。
【君の名は。】二回目見て小説読んで、面白かった件 | Strobolights
一回目の感想で「イマイチ」とか言っておきながら、小説読んで二回目見たら泣けました。申し訳ございません。

またえらく天気の子を楽しみにしてるみたいに思われるかもしれないけど、別にそんなことはない。

ただ、必ず劇場で見ると思う。

そして、これはほぼ確信を持って言えるけど、映画を見た後に僕はきっと切なくなる。どんな物語でどんな結末かわかんないけど、僕は悲しくなるに決まっているのだ。

映画を見たらまた色々と思うことが変わるのかもしれない。だからこそ、全く見てない今、僕がこれら新海誠監督作品についてどんな感情を持っているかを記録しておこうと思う。

おっさん的には君の名はじゃなくて秒速5cmなのが必然な理由

おおよそ人類は2タイプに分かれる。

学生時代に幸せな恋愛を満喫したかそうではないか、だ。

また映画をはじめとしたエンタテインメント作品を楽しむ上で重要なファクターに「共感性」が挙げられると思う。
共感できるポイントがある作品には感情移入するし、全く共感できない作品が心に残ることは稀だろう。

そして、だ。つまり僕がここで言っておきたいのは「学生時代の幸せな恋愛経験に共感できるのかどうか」ということなのだ。

さっきも書いたけど、僕は君の名はよりも秒速5cm派だ。ただ、心が深くえぐられているのは実は君の名はの方だ、という矛盾があることを白状しておく。

何故か。

「秒速5cm」はまるでそのまんま僕の学生生活だからだ。共感しかしない。わかるわー、ウンウン、となっちゃう。

一方「君の名は」は、僕みたいに冴えない学生生活を送っていた健全な文系男子からすると完全に別世界だ。そして「こんな現実があるんだぜ」とめちゃくちゃな圧力で見せつけられているような気がするのだ。

それは、僕が喉から手が出るほど欲しかった憧れのキラキラした青春群像そのまんまなのだ。

僕だって好きだった佐藤さんと一緒に青春時代を送りたかったのだ。なんで僕を振ったくせにあんなチャラチャラしたバスケ部のやつと付き合ったのか、まるで理解ができないのだ。
控えめだったはずの佐藤さんのファーストキスや身体があのチャラチャラしたバスケ部のやつに奪われたのかと思うとマグマのごとく腹わたが煮えくりかえる。

そしてまた、40歳にもなるおっさんとしては今後新しい恋とかあるはずもなく。まだまだこれから人生いろんな挑戦をしていこうとは思っているが、恋愛という領域においてはもう完全に終わっていてあらゆる可能性が塞がれていると思っている。

でも、それでもやっぱり誰かを好きになったりヤキモキしたり誰かからの返信が来るか来ないかそわそわしたり返信がきて一喜一憂する恋愛関係のあの感じは、遠い世界の憧れのようにキラキラしている。自分にはそれが手が届かないとわかっているからこそ、憧れてしまう。40歳になっても、だ。

憧れているのに手に入らない。もう自分は終わってしまったのだ。過ぎ去りし日々に思いを馳せるのが、秒速5cm。
一方、過去の奇跡の出会いに続きが生まれ、この先があることを予見して終わるのが「君の名は」。

だから「君の名は」は、青春が終わってしまったおっさんからするとどうしようもなくえぐられる物語なのだ。「よかったねえ」と他人事みたいに終わらせられないのだ。

だから天気の子は嫌な予感がするんだ、という話

さて、そんな感じだとしてこれから始まる「天気の子」。

どういう結末になるのかわかんないけど、少なくとも恋する若い男女の健全な物語であることは間違いない。誰かを好きになることの大切さや尊さ、そして苦しさがこれでもかとばかりに描かれるのだろう。名前も知らないけど、あのヒロイン、絶対いい子だしね。

一説によると、「君の名は」以前の新海誠節に、つまりバッドエンドが待っているとかいう噂もどっかで聞いた(何が根拠なのか知らないけど)。

そんなことはどうだっていいんだけど、とにかくこの映画には嫌な予感しかしないのだ。絶対に僕らおっさんにはもう味わえないキラキラした青春が描かれるに決まってるのだ。

自分に関係ないなら見なければいいという馬鹿みたいな話はお断りだ。何故って恋はやっぱり素敵だしできるもんならしたいから。問題は、もうそれができない、終わっている話だということだ。

だから僕は、天気の子を見たら絶対に落ち込む。傷つく。どんな話か知らないけど絶対に如何しようもなく悲しくなる。

でも、見る。見ないといけない気がする。なるべく公開直後に見に行って、事前の情報とか耳に入ってこないうちに見たいと思う。

見たらまた、何か書くと思います。よろしくお願いします。

【Amazon.co.jp限定】天気の子【特典:CDサイズカード「風たちの声」ver.付】
RADWIMPS
Universal Music =music= (2019-07-19)
売り上げランキング: 12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です