メルカリ始めました▷

大人になればわかること

40歳になった。前も書いたけど、10代から20代になるときはそれなりに背筋が伸びる思いをしたけど20代から30代になるときは全く何も気に留めなかった。

で、今回30代から40代になるときはなかなか重いものがあった。これまで生きてきた40年の重みはずっしりしてるんだけど、この先の40年はなんだかあっという間に過ぎてしまう気がしてる。

この40年で、自分にできることできないことがある程度わかった。勿論まだまだ自分は変えられるんだろうけど、劇的に変わろうとするとこの先は今まで以上に困難がつきまとうこともわかってる。

誕生日ケーキに、モンブランを買った。自分の意思でモンブランを買ったのは40年間生きてきて初めてだと思う。こないだテレビで有名モンブラン店が取り上げられてて「そういえばモンブランって食べたことないかも」と思ったのだ。で、「年をとるとモンブランは美味しく感じるよ」と聞いたのだ。

こういうことって、よくあると思う。大人になるとわかること。立場が変わるとわかること。「ああ、あの時聞いたことはこういうことか」って後からわかる。僕が20代の頃に抱いていた不満とかは、今となっては「まあそう思うのもわかるけどね」と片付けてしまうことができる(それがいいかどうかは別として)。

幸いなことに、とんでもないバカはあんまり世の中にいない。みんなそれなりに事情や経緯があって成り立っている。立場や環境が違うとそれが見えにくいだけで、ちゃんとみんな考えているのだ。だから目くじら立てて怒り散らすのはやめたほうがいい。

若いうちは何でも挑戦してみたらいい、とおじさんたちは言う。「はいはい」と20代だった僕は思っただろう。でも、40代になった僕は20代の学生に「なんでも挑戦したほうがいいよ」と言う。本当にそう思うからだ。ただ20代の人はそれを「うざい」と思う。僕もそう思った。でも、40代は間違ったことは言ってない。でも、伝わらないんだ。

せっかく前例があるのに、他の人が辿ってきた道なのに、個体としての個人個人がもう一度やり直す。なんだかそれは勿体無いと思う。

ところで初めて食べたモンブラン。別に美味しくも不味くもなかった。美味しかったけど、飛び抜けて美味しいかというとそうでもなかった。

モンブランの技術―人気パティシエが公開する自慢のモンブランの作り方
旭屋出版書籍編集部
旭屋出版
売り上げランキング: 289,692

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です