メルカリ始めました▷

【初心者向け】macのファイル受け渡しはAirdropで!無料!

突然ですが皆さん、複数台のmacでファイルを受け渡しをする時ってどうしてますか?
メールで添付して送る、みたいなやり方もあるかもしれませんが、まさかわざわざUSBに移して受け渡ししてたりしませんよね?

macユーザーならもっと手軽に便利な方法があるんです。メールを開く必要もないし勿論USBメモリなんていらない。
無料だし何より手軽。WifiとBluetoothが双方でオンになってる必要はありますが、macユーザなら絶対使ったほうが良い機能なのでご紹介してしまいます。

Airdropが使えるのはappleデバイス

一応簡単にAirDropの紹介を。Airdropとは近くのAppleデバイス同士でデータをワイヤレス送信できファイル共有機能です。
ポイントは、appleデバイスなら全部できる、という事。
iPhone同士、mac同士は勿論、iPhoneからMac、iPhoneからiPad、MacからiPhoneiPod touchとかとか。

Airdropが送ることが出来るファイル

で、どんなファイルを送ることが出来るか。
・写真(複数同時も可能)
・音声
・映像
・パワポやkeynoteなど、何らかのファイル
・圧縮ファイル
・アドレス帳の連絡先
・位置情報
・Webサイト

他にもあるのかもですが、まあよく使うのは写真とかファイルでしょうか。僕はスマホにある写真を自分のmacにサッと送ったり、仕事の同僚相手にpdfやkeynoteなどのファイルをmac同士で交換したりしますね。

MacでのAirdropの使い方

Airdropの使い方は本当に簡単。
macのFinderを開き、左側のサイドバーを見てみてください。「Airdrop」とあるはず。
もしなければFinderを開いた状態でメニューバーの「環境設定」→「サイドバー」でAieDropにチェックボックスを入れましょう。

で、FinderのAirDropを開くと認識出来るデバイスが表示されています。ここに表示されている人に対してファイルを送受信できるわけです。

送り先が表示されていたらあとは簡単。送りたいファイルをドラックアンドドロップで重ねるだけ。
すいません、そのシーンをスクショすることができなかったので文字での表現になりますが、伝わりますよね?

これだけ、です。簡単!

iphoneからmacへ送る、Airdropの使い方

さて、iphoneからmacに送る方法です。使うシチュエーションは、やはり写真を送るケースが多いと思うので、このシチュエーションをご紹介します。

まずmac側でairdropを開きます。ちゃんとiphoneが認識されていることを確認しましょう。


続けてiphoneの写真アプリから送りたい写真を選択します。

ぽんぽんポン、と。何枚でもOKです。

で、iphoneのディスプレイ左下のこのマークを押して、

繋がってるアイコンをタップ。

すると一瞬でファイルが転送されます。

これがmac側の画面。ダウンロードフォルダに格納されています。

 

いかがでしたでしょうか。実作業時間としては多分1分未満。めちゃくちゃ手軽。mac最高。

是非、Airdrop使ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です