【iphone小技】文字入力時にカーソルを自由に動かす方法

iphoneユーザーなら誰しも、文字入力の時にカーソルを自由に動かしたいと思ったことがあるんじゃないかと思います。
LINEでもツイッターでも何らか書き込んでいるときにちょっと修正したい箇所が出てきて、直したいところをタップしてもうまく位置が合わず・・・あああああもう!!!と、イライラしたことがあるはず!!

ところが、めちゃくちゃ簡単にカーソルを指定位置まで動かせる方法があることをご存知でしたでしょうか。
追加アプリも特別なテクニックも必要なし。こんな簡単な方法で改善されるのに公式発表してないappleはまじで罪深いと思います。

というわけで、早速ですがご紹介します。
あ、ちなみにこの方法は3D Touch対応のiphoneのみです。なので、多分6とかの人は無理です。すいません。
やり方は簡単。何か文字を打ってる時に、

キーボード部分をぐっと強く押し込むと、

キーボードが突如ブランクになります。まるでタッチパッドのよう。ということで、タッチパッドを操るがごとく、動かしたい位置まで指をこの仮想パッド上で動かせばカーソルが動きます。

やってみました?ほらね、拍子抜けするほど簡単でしょう・・・。
今までの時間を返してくれ!と言いたくなるほどですよ。ガッデム!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です