【ドラマ化】やれたかも委員会を見て思うこと

SHARE

【ドラマ化】やれたかも委員会を見て思うこと

漫画、やれたかも委員会がドラマ化されました。AbemaTVで毎週放送されています。Abemaビデオでいつでも見れるのでチェックされたし。

【無料】やれたかも委員会-「やれたかも委員会」同窓会編 – Abemaビデオ | AbemaTV(アベマTV)
見逃したやれたかも委員会-「やれたかも委員会」同窓会編を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。今ならプレミアムプラン1ヶ月無料体験を実施しています。

僕、この漫画はもともと好きで、何なら「あなたのやれたかもエピソード募集」で応募したこともあるくらいです。採用はされませんでしたが。
ちなみにこの時の話です。

【大学卒業の思い出】今になっても分からないこと
僕が”大学卒業”で鮮烈に覚えているのは、先輩の卒業だ。僕の一つ上の先輩で、僕は彼女に恋をしていた。36歳となり、それなりに人生経験も積んだ今でもわからないことがある。それくらい、僕にとってトラウマのような恋だった。
【大学卒業の思い出】今になっても分からないこと後編
僕は電気を消して、先輩の横に入った。僕の左手に、先輩の右手が密着した。柔らかくて、温かった。僕の全神経が左手に集中した。布団の中では、二人とも無言だった。

ドラマ版は、僕が大好きな朝比奈彩さんが出てるということで見ておりますが、漫画原作とはちょっと趣が違います。テレビドラマ用に成り立たせるために漫画と同じにしなくてもいいとは思ってますが、やっぱりこの企画の「味」は漫画版の方がいいなと思いました。朝比奈彩さんが見たいので引き続き視聴しようとは思ってますが。

この漫画はもうとにかく企画と視点、切り口の勝利だと思ってます。誰しもが持ってる「やれたかもしれない」という青春の淡いエピソード。本人からしたらとても大切な思い出ですが、ほかの人からみたら下世話極まりないのが「やれたかも」という思い出。

「やれた」という言葉の響きだと、なんというかとても男子目線で、 女子からしたらあんまり気持ちいい表現じゃないかもしれません。女性をとても乱暴というか軽く扱ってるような感じがありますからね。

ただ男性にとって、特に20代の男子にとって「やれた」というのはある種の自己顕示欲や承認欲求なのだと思います。「自分には許してもらえた」というか、自分が男として認めてもらえた、という。

「寝る」という行為自体に幻想やロマンがある。それはただ単に性欲だけの話じゃないわけです。簡単な話じゃないからこそ、「やれた」という行為に意味を見出してしまう。

女の子のふとした表情や仕草、発言、そういう一つ一つに「これってひょっとして・・・?」というロマンを感じてしまう。実際に「やれて」しまうともうそこで満足してしまいますが、果たされなかった願望にいつまでも未練を感じてしまう。だから第三者から「やれた」と認定してもらえると「ああ、俺は間違ってなかったんだ・・・」と魂の救済になるわけです。

まあ実際には、大人になると色んなタイミングとか流れとかでそんなに意味なんてなくても一夜をともにするとかって良くある話でもあります。それを知ってしまったということは、男女関係において「大人になった」ということなのかもしれません。セックスに幻想や意味を見出さずとも、自分の価値を認める手段を、大人は持っています。

だから「やれたかも」という思い出は、まだまだ青臭かった、未熟だった自分がもがきあがいてなんとか掴み取った傷跡なのです。

(Visited 48 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です