メルカリ始めました▷

アイデア用ノート「EDIT」を買ってみた感想

ノート問題にはもうずっと四苦八苦しております。前にもこんな記事を書いてこのときは「いいなー」と思ってたのですが。

ビジネスシステムノート「コクヨ システミック」を使った感想 | Strobolights
シンプルで機能性も高く、安いシステムノートです。おすすめ。

これ、結局実はあんまり使っていなく。理由としては、「メモを取る」用途であればやっぱevernoteが便利だなあと思ってしまったから。
まずそもそも、僕は字がとても汚いのです。わりと驚かれるレベルで汚いのです。自分で書いててがっかりするレベルに汚いのです。そーだった忘れてたよ。

だから書いてて楽しくない。楽しくないから使わなくなる、と。

でも、やっぱり手書きじゃないと実現できないことってあります。それは何かというと「アイデアを形にするとき」ですね。

特にゼロベースから何かを考える時って、手書き何ですよね。ホワイトボードとか使うとディスカッションが捗るように。でもホワイトボードをいつも持ってるわけでもないし、かといってスケッチブックをいつも持ち歩くのも。

というわけで、これまたたまたま駅でフラフラしてるときに見つけたノートをご紹介。使い始めたところですが、いい感じなんです。

これです。マークスというメーカーから出ている「EDIT」というノートシリーズ。サイズ感でいうとA4より一回り小さい感じ。横型サイズなのがポイント。あと、表紙は厚紙で高級感あります。

中はシンプルなドット方眼。オフィシャルな解説によるとクリエイティヴするにはドットがいいそうな。本当かどうかわかんないけど。

各ページの上部にタイトルと日付を入れるところもあります。また手触りがしっとりしていて結構いいので、とりあえずこのノートを出したくなりますね。

実際僕も会議の時とかに頭の中にあるイメージをバーっとこれに書き出して説明とかしてみましたが、やっぱり口で説明するよりビジュアルで説明した方が相手に伝わりやすいし、何より会議の参加者間で共有するのにとても捗る。

あとこれも特徴ですね。なんと付箋がついてます。そしてノート内部に装着できます。この付箋をノート上にペタペタ貼ってブレストしていくんでしょうが、個人的にはノートがごわごわしそうであんまやりたいなとは思いません。でも使う人はいいかもですね。付箋はやっぱりアイデア発散には有効な手段だと思うので、僕が使うならノートとは別個にして完全に独立して使うと思います。

 

日常業務のメモとかには向いてないと思いますが、それはまあもうデジタルに任せるとして、手書きにしかできないこと、アイデアをビジュアル化することに特化したノート。持ち運びもしやすいのでオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です