メルカリ始めました▷

青春18切符の名前の由来と思い出

青春18切符は青春の象徴!

最近、なぜだか「青春18切符」に出くわす機会が何度かありまして。
1回目は、青春18切符を活用したビジネスプランの学生プレゼンを聞いたこと。2回目が、ネットで回って来た青春18切符にまつわる記事。

この記事、鹿児島から札幌の稚内まで青春18切符を使って移動するという狂った記事企画でめちゃくちゃ長いんですが結構ほっこりします。おすすめ。

青春18きっぷで日本縦断。最南端の鹿児島から稚内まで行ってみた | SPOT
青春18きっぷを使い日本を縦断した記事をお届け!今回の旅では、旅の記録にアプリ「駅メモ」を使用。実際に行った駅全てでチェックインし、使用した鉄道のルートや、所要時間、料金まで細かくレポートいたします。青春18切符で日本縦断をする中でも、最短の「5日間」で達成したその記録をとくとご覧ください。(読了時間目安 : 30分)

ちなみに青春18切符って、18歳とか未成年しか使えないと思ってませんか。違いますよ、おっさんでもおじいちゃんでもおばあちゃんでもいけるんですよ。名前の由来は「いくつになっても18歳の頃のように旅してみませんか」という素敵なもの。んむ、やっぱ18歳って青春を象徴する年齢なんですね。納得感あるぞ。

でも当初は「青春18のびのび切符」という名前だったんですって。のびのびがつくと、なんだか途端におっさん臭がするから不思議です。

生まれて初めての一人旅

僕が生まれて初めて一人旅したのは19歳の浪人時代でした。京都の大学に進学することを志望していた僕は、浪人時代中モチベーションを高めるために一回京都で志望校を見ておこう、と1人で関西回ったんです。つっても一泊ですが。

新幹線に乗って京都に降り立ち、一泊二日で立命館大学、同志社大学、関西学院大学を回りました。それ以外の観光地は確かまわらなかった気が。
泊まったのは京都の河原町のビジネスホテル。有料チャンネルをここぞとばかりにたくさん見た記憶があります。晩御飯はヒレカツ定食。生まれて初めて知らない土地を1人で回るのは、やはりワクワクしましたね。18歳じゃなかったけど、やっぱ青春の1ページだぜ。そして僕は、無事に第一志望だった京都の大学に通うことになります。

青春18切符の思い出

そして僕も青春18切符にお世話になったことがあります。時は大学3年生の夏。僕は当時、恋をしてました。長野から京都の僕の大学に進学して来た当時大学1年生だった女の子。身長が174とかあってデカかったです。高校時代、1週間の間に5人に告白されるという記録をもつ、まあいわゆるモテっこです。

彼女にとって初めての大学の定期試験が終わって夏休みに突入し、長野の実家に帰るタイミングで、僕は彼女に自分の想いを伝えました。京都駅の伊勢丹の大階段。京都駅まで送って行ったのですね。
「実家でちょっと考えさせてほしい」と言われ、「わかった」と言って彼女を見送って2週間くらい。僕らは毎晩のように電話でおしゃべりしてました。まあ、告白した上でそんだけ電話で話してたら脈ありだと思いますよね、普通。だから僕、意を決して聞いてみたわけですよ。

「こないだの返事、どうかな?」

そしたら彼女「あなたのことは好きだけど付き合えない」と。そして電話の向こうで泣き始めるわけです。
「泣かないでいいし答えはわかったけど、理由だけ教えてくれないかな」と聞いたら、「今は言えない」と言ってそれで終了。

まあ、わからなくなりますよね。大混乱です。だって僕のこと好きだって言ったのに。不治の病とかなのかな?とかまじで思っちゃいました。
んで、ぐったりしながらよく通っていたお店に晩御飯食べに行きました。いわゆる学生の味方的な、おしゃれな洋風定食屋さん。常連のお店ってやつです。

カウンターでご飯食べて、食後のアイスコーヒー飲みながらタバコを一服してたらお店のマスターが「元気ないな。どうした」と。
で、一連の流れを説明したわけですよ。そしたらマスター、

「会いに行け」

と。
で、隣に座ってた僕の友人でそのお店のバイトスタッフがかばんをゴソゴソ。そして青春18切符を出して来ました。
「俺が夏休みの一人旅で使うために買ったやつ。5枚あるから1枚やる。」

こうして僕は自転車で自分のアパートに帰り、始発で京都駅から長野県の飯田まで青春18切符を使って旅立った、というわけです。
当時はスマホも道案内アプリもなかったから、まあちょっとした冒険です。

なお、長野県でちゃんとその子に会い、僕と付き合えない理由を聞き、その後もまあ色々、相当色々あった末にその子と無事にお付き合いしましたが、1年くらいでお別れしました。詳細は割愛させていただきます。

そんなに好きだった子なのに、その後恋心はすっかりどこかに行ってしまいました。ずっと可愛かったけど。人間の想いって、不思議なもんです。

青春18切符って、いいシステムだと思います。こういう風習は、ずっと続いてほしいもんです。
[amazonjs asin=”4479305475″ locale=”JP” title=”青春18きっぷで楽しむおとなの鉄道旅行 (だいわ文庫)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です