メルカリ始めました▷

男女の友情は成立するのか問題

男友達から告白される系女子

先日、20代半ばの女性の友人と会話していた時のこと。

なんでも彼女はつい最近、二人の男性から告白を受けたのだとか。とても綺麗な子なので、そのこと自体は別になんの驚きもないし男性の気持ちはわからんでもない。ただ、彼女にとっては全く意外だったそうです。

一人は大学時代からの友人で、もう一人は会社の同期だそう。二人とも以前からずっと仲が良くてよく飲みに行ったりもしていたから、まさか彼らが自分に恋心を抱いているとは思いもよらなかったとか。

「次から会いづらくなっちゃった。何言ってくれてんの、という感じ」

とのこと。しきりにビールをぐいぐいやりながら、「男女間の友情って、成立しないのかしら」と言っていました。
彼女にとって、彼らは腹を割って話せる、本当に大切な友人であり、その友人たちをある意味失ったことになるわけです。

魅力的な女性の悲しき宿命

彼女に限らず、僕はこういう女子を何人か知っています。女性側にその気はなく、ただ純粋に友達として、あるいは尊敬する先輩として話をしたり相談をしているうちに、男性側に好意を持たれてしまう、というパターン。

「君はさ、自覚ないのかもだけど随分美人だし、そのことは自覚したほうがいいよ」と僕は彼女たちに言うのだけど、「そんなことない」と否定するのも彼女たちみんなの共通項。自己評価が意外と低いのです。これは謙遜してるとかじゃなくて多分本気で思ってると、少なくとも僕は思います。

だからなのか、顔立ちは綺麗なのにあんまり派手な振る舞いはしません。で、そんなところがまた、男性に好かれる要因なのでしょう。

正直、男側の気持ちはよくわかるのです。人の好みなんて千差万別だと言うことを置いておくとしても、顔が一般的に綺麗な女の子で、二人で腹を割って親密に話をしたとしたら、そりゃ恋に落ちるわ、と。そして多分、男は勘違いするんだろ〜なーとも思う。

つまり「あ、この子、俺に気がある」的な。まあそこまでいかなくても「脈ありなんじゃね?」くらいには思うのじゃなかろーか。

ただ悲しいかな、それは男の一方通行なのですね。女性側はまるでそんなこと思ってなかった、と。ううむ、双方辛い。

逆のことってあるのだろうか。つまり”男性側はまるで意識してなかったけど女性側が好意を持っていた”、というパターン。
もちろん、なくはないと思う。

ただ、一般的に女性の方から男性に告白するケースは少ないし、告白するケースが少ない以上、男性が予想してないところで”自分モテてた現象”は事例として少ない。ということでこのパターンは無視しますね。

男女間の友情は本当に成立しないのか?

というわけで表題の件。男女間の友情は、成立しないのか?

結論から申し上げると僕は「する」と思っています。あ、ちなみに前提として一対一の関係性のみのケースを想定しています。複数人の男女混合グループでの友情は今回は考えません。というより、僕自身が男女混合仲良しグループという経験がほぼないので全くそのケースが実感としてよくわかりません。グループ間の仲良しと個人と個人の友情って別物だと思いますしね。

話を戻しますが、僕は基本的にグループ行動が苦手なので一対一で会話する方が好きです。で、女性と二人で食事に行ったりすることも珍しくありません。そして僕が彼女たちに恋心を抱いているかというとまるでそんなことはないのです。

全員に「友情」という強い感情を持っているかというとそうではないかもしれませんが、彼女たちの事を僕は女性だとはまるで思っていないし、性的な目で見たことはありません。

名誉のために言っておくと彼女たちが女性として魅力的じゃないわけでは多分ないです。それなりに男性経験も豊富な方も多いですし。ただ、例えば胸の谷間が見えたとしても「あ、胸の谷間が見えた」としか僕は思わないのです。

恋愛においても男女は平等に

とまあ、まるで僕が正しいと言わんばかりの書き方をしてきましたがもちろんそんなつもりはありません。「恋愛感情を抱かないことはありますよ」というだけで、親しく話をしているうちに恋心を抱いてしまった事だってあります。

恋に落ちてしまう(男女間の友情が成立しない)時と、恋に落ちない(友情が成立する)時の境目が何なのか。ただ単純にその人がタイプかタイプじゃなかったかというシンプルな話なのだと思いますが、冒頭の美女のように「多くの人が美人だと思う女性」にとっては、言い寄ってくる男子が後を絶たない。彼女にとって男とは「色欲の権化」なのでしょう。それは辛いよねえ。でも僕は君に恋心は抱いてないけどね、と言いたくなりましたが。

男女間のあれやこれやは本当に難しいですね。どこまでいっても正解とか絶対的な真理なんてないのでしょう。

ただ個人的には、恋愛面においても男女は平等であるべきじゃないかなとは思っています。女性の社会進出が進み労働面でばかり男女の機会均等が叫ばれていますが、結局意識の持ち方なわけですし、それって根本的な話だから労働とか待遇面だけの話じゃなくて、そもそもの男女間の意識、立場の差を狭めないといけないんじゃないかなと。

多分、無意識のうちに男性優位な感覚を持っている男性は多いと思います。だから腹を割って近づいてきた女性に「いけるかも」と思っちゃうんじゃないかなと僕は思ってしまいます。

僕にも男性優位な潜在意識があるとは思いますが、個人的には他の男性に比べるとその意識はかなり低い方なんじゃないかなと男性のみで話をしていて感じることがあります。

とか言いつつ、恋愛はやはり難しいです。もう、有史以来、世界中でどれだけ多くの人々が恋愛で辛い思いをしてきたことか。そろそろクラウドでもディープラーニングでも集合知でもなんでもいいから、この苦悩から人類を解放してくれないですかね。まあそれだけ、人生の素晴らしさが減ることにもなりますが!!

でも、たまにもう全部投げ出したくなるんですよね、わかりますよ。

[amazonjs asin=”B000060NM0″ locale=”JP” title=”THE WORLD IS MINE”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です