メルカリ始めました▷

辛いからこそ続けたほうがいい

ツライからこそ続ける

成功した人にインタビューをすると、大抵の人は苦労した時期があるもので。

今でこそちやほやされていても、当時は誰からも相手にされず、悩み、苦しみ、孤独だったようです。

勿論、苦労したから必ず成功するとは限りません。でも、しんどい事から目を逸らさず、「辛いけど続ける」と言う選択をすることこそが強さに繋がっているんだな、と思ったわけです。

全ての瞬間は道半ば

話は変わるけど、僕が大学生だった頃、モーニング娘。が「国民的アイドル」として世間からちやほやされていました。当時まだ15歳とかだった彼女たちを見て、「ああ、この人たちはこの歳で人生がピークなんだなあ」と思ったものです。

ただ当たり前だけど、死なない限り人生は続く。いつが人生のピーク、だなんて死ぬまでわかんない。若くして人気者になったモーニング娘。とか一連のアイドルで、その後もスター街道を歩き続けている人はあんまりいないと思うけど、ひょっとしたら芸能界じゃないだけでそれぞれの道で幸せな人生を送っているのかもしれません。

翻って、一般人である僕らの人生だって同じ。いつがピークとかない。今は楽しくても明日は辛いかもだしその逆も然りです。

上述した通り、今がしんどくてもその苦しみはいつか終わる。諸行は無常。
だからこそ、ツライ事から目を背けちゃいけないと思う。ツライからといって、自ら終わらせてしまうことは逃げだと思う。

ツライことはいつか終わる。そしてその先にはきっと何かいい事が待ってる。

と言うわけで、僕もいろいろしんどい事が続いてますが頑張ろうと思います。がんばりましょうー。
[amazonjs asin=”4761272538″ locale=”JP” title=”成功する人は心配性”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です