メルカリ始めました▷

田園都市線の遅延、混雑対策。特急時差BIZライナー

今日、僕は一人で夜をゆっくり過ごそうと思っていた。
今週はなかなかハードだったから今日は早く家に帰り、帰り途中のスーパーで食材を買い込み、好きな料理でも作って食べようと思っていた。筋トレをして、ランニングをしてお風呂に入り、1週間の仕上げに汗をたっぷりかこうと思っていた。で、ヨーグルトを食べながら映画でも見ようかと思っていたのだ。

ところが、だ。

帰りの電車の渋谷駅。僕は急行電車に飛び乗り、いつものようにぎゅうぎゅうに押し込められた状態のまま発車の時を待った。一度ドアは閉まったが、少しの沈黙の後にドアが開いた。そしてしばらく、ドアは閉まらなかった。何かトラブルがあったのだ。

「ふざけんなよ」

と目の前のおっさんが呟く。まあ、いらいらする気持ちはわかる。でもねえ、駅員さんが悪いわけじゃないからねえ、と思う。

で、結局そのまま2時間ほど電車は止まっていた。

人身事故じゃないっぽかったから、結構異例だと思う。運転が再開してからもちょくちょく止まり、結局僕が家に着いたのは当初の予定より3時間も後だった。スーパーはもう閉まっていた。僕はもう当初の予定がすっかり台無しになり、自炊をする気もトレーニングをする気も起きずにコンビニで夕食を買って済ませることにした。で、半ば自暴自棄だったからアイスとかヨーグルトとかポテトチップスとか、明らかにこんなにいらないよね、という量を買い込んで家で一人でつまんでいた。

さて、田園都市線だ。何かのサイトで見たが、田園都市線の朝の通勤ラッシュ時の遅延率は100%だという。そう、必ず遅れるのだ。

「田園都市」という優雅で高貴な響きとはまるで似つかわしくない、地獄のような光景が通勤ラッシュ時間帯は繰り広げられている。

僕は田園都市線が好きだ。半蔵門線につながるあたりも好きだ。紫色の半蔵門線。銀座線や千代田線や浅草線じゃダメなのだ。半蔵門線につながるからこそ、田園都市線は価値があるのだ。

ただ、僕みたいなのがきっとたくさんいるのだろう。田園都市線はどんどん人が増えている気がする。沿線上にマンションがバンバン建ってる。あれ?日本って人口減ってるんじゃなかったっけ?って思ってしまう。ひょっとしたら日本の人口、増えてんじゃね?と錯覚したくなるくらいマンションが建っている。

これ、どういう神経してるんだろう?と思っちゃうのだ。東急電鉄は、朝の田園都市線の混雑っぷりをどう思ってるのだろうか?ここからさらに人を乗せようとしてるわけだ。これ以上、入らないよ。いつもぎゅうぎゅうだから電車は遅れるわけだ。複線化するとかなんらか対策取らないと、乗客のフラストレーションはますます貯まるはずなのだ。

一応、7月から試験的に特急時差BIZライナーというものを走らせるらしい。中央林間を出発して、数駅しか止まらずに一気に渋谷まで行く。僕の最寄駅には止まらないが、これによって少しでも人が減ると嬉しいなと思う。

もう少し人が減ってくれれば、田園都市線は素晴らしい。二子玉川駅まで繰り広げられる窓から見える風景は素敵だし、二子玉川駅から入って行く地下鉄は、いよいよ都心に近づいてきた!という静かな高揚感を与えてくれる。

だから皆さん、もう田園都市線上に引っ越さないでくださいね。

[amazonjs asin=”4777947025″ locale=”JP” title=”田園都市生活 64 (エイムック 3747)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です