メルカリ始めました▷

職業に貴賎はない

ちょっと感動した話

今日は体調があまりよくなく、遅めの出社。僕は通勤時間がそこそこ長いので、電車の中で思いっきり寝てやろうと思って意気込んで電車に乗り込んだ。そして実際、僕はあっという間に眠りに落ちた。

時間にして多分30分くらい寝ていて、突如ふっと目が覚めた。周囲がざわついていたのだ。一瞬自分の状況を理解するのに時間がかかったが、とりあえず目の前に若い女性がうつ伏せで倒れている。ピクリとも動かない。そして彼女の周りには困惑する人々。どこかの駅で停車していたらしく、扉は開いている。

女性は、倒れたままピクリとも動かない。見えているのは頭だけで、どんな表情をしているのかもわからない。

とりあえず、僕の席に座ったらいいんじゃないかと席を立ったが、話しかけていいものか、もっと言うと、触っていいものなのか困惑してしまった。無理やり若い彼女を抱きかかえて僕の席に座らせるのが得策なのか。こう言う時ってどう言う応急処置すればいいんだろうー。

そうこうしているうちに駅員がやってくる。「担架だ」「救急車だ」と口々に言っている。しかし彼らも彼女に触れようとしない。若い女性に触るのはよくない、と男は一瞬思ってしまうのかもしれない。

電車は駅で止まったまあけたたましいサイレンが鳴っていた。「ああ、緊急事態の時ってこんな音が鳴るんだ」と僕はぼんやりと思った。要は、動揺していたのだ。

その時だった。一人の女性がやってきて彼女の前に腰を落とし、脈を測り始めた。年齢は多分20代後半。どこにでもいる、普通のOLという出で立ちだ。

「大丈夫ですか?」と話しかけている。女性はピクリとも動かない。駅員が「お連れ様ですか?」と聞く(そんなはずないのは多分わかってると思うけど)。それに対して「いえ、私、看護師なんです」と答えた。

僕も含め、オロオロするしかなかった周囲をよそに、彼女はテキパキと応急処置をしている。「脈は正常なので大丈夫です。でも痙攣を起こしているので万が一を考え、頭の位置を変えずにそのまま運びます」と、駅員の手も借りながら体を横にしたまま電車の外に運び出した。

僕はその一連の様子を見ていることしかできなかったのだが、ふっと気が付いたら僕の足元にパンが入った袋が置いてあった。看護師の彼女が持っていたものだ。きっとお昼用に買っていたのだと思う。オフィスで食べるつもりだったのだろうか。そんな事を想像すると、なんだかとても微笑ましくなって、僕はそのパンを持って扉を出た。ホームで駅員と一緒に看病している看護師さんに「あの、これ」と言って渡す。彼女は顔だけ僕の方を向き、一瞬少しだけ笑顔になって「ありがとうございます」と言った。

僕が感動した理由

とにかく、僕は感動してしまったのだ。職場では日々、ナース服に身を包みいろんな人を介護して助けているのだと思う。こんな言い方をしていいかわからないが、看護師が病院で人を助けるのは、仕事だから当たり前だ。実際、病院で手当てをしている看護師さんを見て感動などしたことがない。

ただ、ナース服ではなくて私服で綺麗に着飾っている、見た目は普通の若い女性が、倒れている人を颯爽と助ける。仕事の現場じゃなくても、自分ができる事をして誰かを助けるー。これって、すごい事なんじゃないかって思ったのだ。

体の芯から職業人なんだなと思ったし、プロだと思った。実際、僕だったら仕事じゃない場面でどんなことができるんだろうとちょっと考えてしまったくらいだ。自分の技能で誰かの役に立てるって、すごいことだと思うのだ。

職業に貴賎はない

仕事柄、エリートと世間一般で呼ばれるであろう人たちが周りにたくさんいる。彼・彼女らは有名な大学を卒業して派手な仕事をこなし、高い報酬を得ている。良いお店を知っていて、高そうなスーツに身を包んでいる。

僕がそういう世界にまるで興味がないからかもしれないけど、僕は彼・彼女たちのあまり好きではない傾向がある。それは「人を見下しがち」という点だ。彼らは同族意識が強い。「港区女子」なんて言葉がある通り、何かで人をラベリングしたがる。

難関と言われる大学入試や就職試験の競争を勝ち抜き、「他の人より優れている」と思いたい気持ちはわからんでもない。ただ、僕は思うのだ。「優れているってなんだ?」と。
以前から僕は”優秀”という言葉に疑問を感じることが多い。優秀の定義なんて職場や仕事によって異なるはずだからだ。それを一括りにして「優秀」とするのって、どうなんだろうか、と。本質的な議論になってない気がするのだ。

[clink url=”http://strobolights.xyz/web/2015/09/03/one-way/”]

看護師の事をそこまで詳しく知っているわけではないが、激務で人手不足だと聞く。そして、給料も高くない、と聞く。”一流”の人たちからしたら、きっと安い給料で体力的にも厳しい看護師という仕事は理解に苦しむ職業選択なのかもしれない。

でも、年収数千万円の外資コンサルタントは、目の前に女性が倒れていたら、「MECE」とか言いだすのだろうか。ロジックツリーをその場で組み始めたら、いったいどうしようか。

もちろん、コンサルタントだって必要な仕事だ。でも、看護師だって必要だ。どんな仕事だって、お金をもらっている以上、誰かの役に立っているし、それぞれの仕事ではそれぞれの仕事でのフィールドがある。そこに優れているとか価値がないとか、そういう尺度は当てはめるべきではないと思うのだ。

[amazonjs asin=”4896326415″ locale=”JP” title=”看護師・看護学生のためのレビューブック 2018″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です