メルカリ始めました▷

日常は大抵、平坦だ(映画「この世界の片隅に」を見た感想)

*以降、ネタバレを含みます。これから鑑賞予定の方は他の記事をご覧ください。

映画、「この世界の片隅に」を見た。口コミで話題だと聞いていたし、僕がこっそりと尊敬するクリエイターの人々が「今年一番の映画」などと絶賛していたので、そりゃ見たくもなる。だって、終わった後感動のあまり席から立てなかった、みたいなツイッターもあるくらいだから。
ということで前知識は一切なく、「どうも戦争ものらしい」くらいしか知らない状態で見に行った。

結論から言うと、「エンタテイメント」ものではないので決してメジャーヒットはしないだろうな、と思う。少なくとも「君の名は」的なヒットはしないはずだ。でも、僕は「人生ってこう言うもんだよな」と思ったりもした。「面白いよ!」と人に勧められる映画ではないが、「つまらない」と言うわけでもない、なんとも不思議な映画だった。

ヒーローを描かない戦争作品

この映画はすずという広島の一人の女性の半生を通して、第二次世界大戦時の人々の営みを描く作品だ。「戦争映画」と聞くと神風特攻隊とかどこぞの軍人とかが出てきて悲劇的なラストを迎えるものをどうしても想像してしまうが、この映画はそうではない。描かれるのは「町の人々」であり、大活躍する人など一人も出てこない。

登場人物となんらかのエピソードがあって、それらが転がっていくことで物語って進んでいくのが常だと思うのだが、この映画は違う。何しろ、事件らしい事件はあまり起こらない。ただただ、主人公すずの日常風景が淡々と描かれていく。そしてこのすずが、なんとものんびりした、少々ドジでおっとりした、まるでヒロインらしからぬ女性なのだ。すずはなんの問題解決もしないし、活躍もしないし、誰も助けない。

そんな展開だから、正直前半戦はかなり退屈だった。すずが幼少期どんな少女で、どんな形で結婚に行き、そこでどんな生活を送っているのか、がずっと続く。多少のキャラクター説明パートはどの映画にもあるもんだが、あまりにもそれが長いので「これ・・・このまま終わるのか・・・?」と本気で思ってしまった。この映画、第二次世界大戦の「日常系」なのか??と思ったりしたもんだ。だって、何度家族団欒の食卓シーンが出てきたことか。

日常生活の繰り返しの中でも少しずつ戦争の現実は忍び寄ってくる。空襲が次第に増え、食材はひもじくなっていく。そんな中でも決して悲観になることなく、見ているこっちが心配になるくらい、すずはどこか呑気だし戦争に打ちひしがれている様子もない。晩御飯の料理に失敗し「あちゃあ」と苦笑いを浮かべるシーンが続く。

ただ、ある事件が起こる。劇中の中でも最大のインパクトになるであろう、ある事件。すずが仲良くしていた義理の姉の一人娘、まだ幼いはるちゃんが、時限式爆弾ですずのすぐ横で死ぬ。さらにはるちゃんと手を繋いでいたすずの右手も吹っ飛ぶ。

そして舞台は広島地方だ。まあ、原爆だ。すずが住んでいたのは広島の実家から離れた呉という町だったので原爆の直接の被害には合わなかったが、実の母を亡くし、妹は寝たきりになってしまう。

そして、8月15日、戦争終結。敗戦を告げる玉音放送。その放送を聞いて、すずは激昂する。日本が敗戦したことを知り「最後の一人まで戦うのではなかったのか、納得がいかん」と。
このシーンは、なんというか、結構衝撃だった。ああ、この映画はここに集約されるんだなあ、と思った。すずは、生きていたのだ。普通かもしれないが、生きていたのだ。世界の中心でドンパチやってる軍人達の延長線上で、人々は生きていたのだ。

戦場で戦っていた兵士は生死の狭間で、極限の緊張感の中で戦っている。だから戦争で戦う兵士たちは物語として消費される。起承転結のレールの上で物語を料理して、クライマックスを持って来れば良い。僕らが目にするのはいつも「過剰に演出された1シーン」なのだ。

ただ、何も兵士達だけじゃない。世界の片隅かもしれないが、日常を生きている人たちがいる。ドラマになんてならないし、取り立てて取り上げるエピソードもない。何か偉業を残すわけでもなく、死んでいく。圧倒的に普通で、圧倒的にありふれている日常の中でしか生活しない人たち。

でも、彼らも生きているのだ。
この映画が良いのは、変に戦争の悲惨さをクローズアップして伝えないことだ。あくまで描かれるのは「普通の人の日常」。過剰な演出や、メッセージの訴求を行わず、当時の人々の生活を描いていく。「戦争の被害者=かわいそう」というレッテルを観客に貼らせず、素朴ながらも世界の片隅で生きている姿をひたすら見せることで、後半のなんとも言えない深い感動に繋がっていく。

戦争映画なのに「戦争の悲惨さ」ではなく「世界の片隅で日常を生きる人々」を描く。それが、この映画のタイトルであり、テーマなのだ。

クライマックス至上主義をやめよ

昔、くるりの岸田繁氏がこんなことを言っていた。「食事のシーンを漫画などで描く時、大抵は口にアーンと入れる瞬間を描く。クライマックスになりやすいから。でも、食事の時に本当に味が広がっていくのは、ものを口に入れて喉を通っていく時。派手じゃないから決して絵にはならない、そういう瞬間を曲に込めたい」的な。

僕、この言葉はとても感銘を受けた。そうなのだ、みんな、クライマックスを求めすぎなのだ。日常生活はジェットコースターみたいに激しく上下はしない。一年間364日あったら、そのうち330日くらいは何事もない平凡な毎日だ。それの何が悪いのか。

ところが、デジタルコンテンツで溢れる現代では、何かを取り上げる時、最も派手な1シーンだけを抽出して我々に見せる。でも、そのクライマックスの瞬間の前には、きっと地味でつまらない淡々としたシーンがあったはずなのだ。
スポーツ選手が華々しく活躍する試合の瞬間瞬間は、毎日の地味なトレーニングによって培われる。でも、日常生活のトレーニング風景にスポットが当たることはあまりない。

目的や得られる効果について短絡的で、遠回りをしない(出来ない)若者が増えている。何故ならば、彼らはいつもクライマックスだけを見せられてきたからだ。

このブログでも過去に描いたことがあるが、日本のインターンシップだってそうだ。仕事のクライマックスだけを映画の予告編的にギュギュッと詰め込んだ日本のインターンシップ。あれは学生を勘違いさせるだけなのだ。仕事の7割は地味な作業だ。そこを見せずして、都合の良いところだけを演出してみせるから、日本の就活学生は底が浅いのだ。

「のん」こと能年玲奈、復活なるかとか、もう一度見たいなあ、とか

この映画では、あの能年玲奈がヒロイン「すず」を演じている。僕は芸能ネタはあんま詳しくないのだが、NHKの朝ドラでブレイクした能年玲奈という女優が独立問題でゴタゴタして芸能界を干され、仕事が全くない、というニュースはどこかで見ていた。

そしてついには芸名を変え「のん」として再スタートを果たした、というのも知っていた。

だからこの映画のOPで「のん」と出た時、一瞬なんのことか分からなかったのだけど、それが能年玲奈の新しい芸名だと気づいてからなんとなくこの「すず」を応援したくなった。いや、別に能年玲奈のファンなわけじゃないんだけどね。朝ドラ見てたわけでもないし。

ところでこの映画、原作は漫画だ。そして漫画版では重要なキャラクターが映画ではごっそりとカットされているという。また細かいところで色々と漫画と映画で異なり、それが戦争観などによる解釈論争に発展してネットで賑わっている。

その論争、少し読んだが、正直僕なんかが太刀打ちできるレベルの話ではなく、自分の感性の低さに少々がっかりした。うーむ、きっと僕には見えていないものがたくさんあるんだろう。

お金を払って二回目を見に行こうとは思わないけど、何か機会があったらもう一度みたいな、とか原作漫画も買うほどじゃないけど、機会あったら読んで見たいな、と思ったりした。

[amazonjs asin=”B00B47J7YI” locale=”JP” title=”この世界の片隅に コミック 全3巻完結セット (アクションコミックス)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です