メルカリ始めました▷

【超初心者向け】ワードプレスでのオリジナルサイトの作り方VOL.1

機会があって、知人のワードプレスによるサイト構築をサポートすることになった。そのために資料を作ろうと思っていたのだが、折角だからWebでまとめておこうと思ったのだ。その方がその人もいつでも見れるだろうし、Webの方がリンクも貼れるし。

ワードプレスのサイト構築の記事はネットで探せば滅茶滅茶ある。ただ、どれもなんだか必要以上に専門的で何が書かれているのか解読するところから始めないといけないことも多い。実際、僕も最初、そんなところでつまづいていた記憶がある。

この記事は、超初心者向けだ。始めにお断りしておくが、網羅的な知識はない。僕がこのサイトを作って運営するにあたって必要だったものをご紹介するだけだ。従って、この通りにやっていけばとりあえずサイトはオープンできる。ただある程度自分で詳しくなってきたら色々と試してみることをお勧めする。結構、楽しいから。

サーバを借りてドメインを取得しよう

まずはここから。あなたのサイトを置く「サーバー」を借りよう。土地を借りる、みたいなイメージで良い。
そして「ドメイン」とは、住所みたいなものだ。あなたのサイトがある土地の住所。
で、その土地に、「サイト」というを建てるのだ。ほら、ワクワクするでしょう。

サーバーもドメインもお金がかかる。と言ってもそんなに高いお金ではない。後述するアドセンス収益が出てくるようになったらあっさりと回収できる。
そしてサーバやドメインを貸してくれるサービスは色々あるけど、僕が使ってるのはロリポップ!とムームードメインだ。
いづれも、安い。で、必要最低限なものは揃っている(らしい)。実際、僕は十分運用できているのでとりあえずは大丈夫だろう。この先、もしもあなたがもっともっと専門的になって言ったらご自身で見直してみてほしい。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-21-19-59-44
いくつかプランがあるが、スタンダード版でいいと思う。月500円かかるけど、ちゃんとサイト運営してれば500円は1日で稼げる。


▶︎ロリポップはこちら


で、土地を借りたら住所を発行しよう。ドメイン取得だ。要は「自分のサイトのURLを手にいれる」と思えばいい。
ドメイン取得は、ムームードメインをご紹介する。上記のロリポップと同じ会社がやっており、ロリポップでサーバ借りるならムームードメインがなんとなく良さそうな気がする、というだけだけど。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-21-20-03-39


▶︎ムームードメインはこちら


「住所」なので、当然同じURLが既に誰かが使っていたらそれは買えない。面白いのが、URLによって価格が変わる、というもの。
特に「.com」とか「.jp」みたいなメジャー感溢れるやつは高い。本サイトは「.xyz」というドメインを使っているが、安かったのと、なんとなくかっこよかったからだ。
一度買ってしまうと住所は変えられないので(厳密にはできるっぽいが初心者が手出しするような世界ではない)、よくよく慎重にしよう。

買った土地(サーバ)に家を建てるためにワードプレスをインストールしよう

というわけで、ここから長い付き合いになるワードプレスをインストールする。ワードプレスとは、要はサイトを作っていくための管理画面だと思ってくれればいい。しかも無料で、世界中で使われている。企業によってはワードプレスで自社サービスのサイトを作っているところもあるくらいだ。とにかく、htmlなどの専門的な知識を使わずともそこそこのサイトができてしまうのだ。すごい。

サーバを土地、ドメインを住所と例えたので、ワードプレスはさしづめ「建築会社」みたいなもんか。

インストール方法は、ロリポップの場合は簡単で、借りたサーバの管理画面から「ワードプレスをインストールする」とやるだけ。なお、このあたりは概念的な話になって僕も正確には理解していないが、一つのドメインに対して一つのワードプレス、という理解をしてほしい。上記で進めた「スタンダード版」は複数サイトが作れるので、複数ドメイン取得すればその分だけサイトを作ることができるのだが、一つ一つのドメインにワードプレスを改めて入れ直さないといけないのだ。

ワードプレスのテーマを入れよう

で、ここからが本番。ワードプレスに、デザインテンプレートを適用する。これを、ワードプレス業界では「テーマ」と呼ぶ。
テーマは無料のものもあれば有料のものもある。しかも、無数にある。異常にある。世界中のデベロッパーが毎日新しいテーマをリリースしてるんだからそりゃそうだ。どれがいい、みたいなのはなくて、はっきり言って、お好みだ。
公式で紹介されているテーマを見ているだけで、胸躍らないだろうか。だって、こんなデザインのサイトが自分で作れるのだから。


▶︎公式で紹介されているテーマ


僕が見てきた中で行くと、無料版はやはり海外製のものの方がデザインクオリティは高い。ただ、途中までは無料で、より便利な機能を使おうとすると有料になる、みたいなのが多い。あと、管理画面もマニュアルも英語だったりする。

実はこのサイト、一番最初に作った時は無料版の海外版テーマだった。
ちなみにこれが、2015年に一番最初に作ったデザイン。モノトーンで、結構好きだった。でも、説明が全部英語だったからどこをいじっていいのか分からず、最初とても手こずった記憶がある。楽しかったけど。

スクリーンショット 2015-12-16 1.56.03
ただ、半年くらいしてからもっと色々いじりたくなって、有料版の購入に踏み切った。だいたい1万円くらいしたが、アドセンス収益でカバーできると判断し、先行投資の意味も込めて買ったのだ。色々熟慮した結果、僕が選んだのがこれ。


▶︎ハミングバードの紹介サイト


さすがに有料版だけあって機能も豊富で使いやすかった。ただ、何をどうしたのかわからないのだがデータを破損してしまって、一時期サイトがバグったことがあった。どこをいじっても治らないので、やむなくテーマ自体を変えた。
で、それが今のサイトだ。ちなみに買ったのはこれ。


▶︎Coreの紹介サイト


まあまあ満足しているが、ハミングバードの時に便利だった機能などは当然使えないので、たまに苦労する。ただまあ、今の所変えるつもりはない。

このように、テーマ一つでサイトの基本デザインが大きく変わる。家の骨格みたいなものだ。
で、骨格ができたら、あとは細かいところを自分好みに変えていけばいい。

というわけで今回はここまで。また次回もこんな感じである意味強制動線的に記録して行く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です