ソルファ(2016)を聞いて思った感想とアジカンの思い出

なんか全然知らなかったんだけど、アジカンがソルファを再レコーディングしたアルバムを出したらしい。
ソルファといえばアジカン初期の名盤として名高い。何故このタイミングでレコーディングしたのか意味は分からないけど、最近は随分作風が変わったアジカンなので、まだ青春真っ盛りだった頃の自分たちのアルバムをレコーディングし直すというのは面白い試みだ。あんまないよね、こういうの。

大ヒットした「リライト」を取り上げた「リライトのリライト」なる特設サイトも登場していた。狙いは正直わからないけど。
リライトのリライト | ASIAN KUNG-FU GENERATION

去年放送された「僕だけがいない街」の主題歌にもなっていた「Re:Re:」。何故今更この曲が起用されたんだろうと思っていたけど、聞いてみたら色々アレンジされていた。ひょっとしたらこれがきっかけで「Re:Re:」が収録されているアルバムをカバーしてみようって事だったのかもしれない。

このアルバムは僕はリアルタイムで聞いていたのだけど、結構衝撃だったのが「サイレン」だった。
この曲はシングルとしてリリースされていて、「サイレン」という曲が2曲入っていた。で、女の子を救いたい男の子側とその女の子側それぞれ別の立場で歌われているのだ。基本となるメロディーラインは同じながらも、微妙に変わるアレンジ、真逆のヴォーカル。


当時といえばアジカンはくるりとの比較の中で音楽偏差値高めな方々から「パクリ」「二番煎じ」などと言われていた頃で、どうにかそこから抜け出したいともがいていた時期だ(と、僕は思っている)。

ASIAN KUG-FU GENARATION(日本/横浜/現役)
4人組のギターロックバンド。関東学院大学時代のロックサークルで結成された。通称「アジカン」。イラストレーター中 …

そんな中で出してきたサイレンはちょっと狙った感もあるけど、仕掛けとしては面白かった。

ソルファにはこの他にも「ループ&ループ」や「君の街まで」などのシングル曲も多数収録されていて非常にポップで聴きやすいアルバムとなっている。

さて、そんなソルファのセルフカバーだが、何故このタイミングでの再レコーディングだったのだろうか。ツイッターのフォロワーさんがご丁寧に教えていただいたので、その真相がわかるインタビュー記事をご紹介。

これによると「自分たちの名詞として人に渡しづらいアルバム」だったそうだ。

いっときの流行りで使い捨てられる、ただのポップバンドになりたくなくて、当時の彼らはきっと必死にもがき、焦燥感に駆られていた頃に出したソルファ。きっとそうした戸惑いが、当の本人たちにはこのアルバムからは表れてくるのだろう。自分たちの本当の姿と、世間からの印象とのギャップにも苦しんでいたそうな。

でも、それならば尚更なのだが、再レコーディングするならもっとアレンジしてもいいんじゃないかな、というのが本音だ。
確かに全体的に演奏は骨太になっていて円熟味も感じるし、ゴッチのヴォーカルは艶っぽくなって若さと初期衝動で突っ走っていたオリジナル版ソルファとは一味もふた味も違う魅力を持っている。

でも、正直、テクニカルな面でしかオリジナル版との差を感じなかったのだ。まだ20代で駆け出しの頃で青くてもがいていた頃と今の自分たちが違うのなら、当時の楽曲に対してもっと全然違う解釈してもいいんじゃないかなあ、と。それこそ上述したサイレンみたいな合わせ鏡みたいなアレンジをしてくれると聞き応えがあったんだけど、正直聴き比べても「大人っぽくなりましたね」くらいの感想にしかならない。

まあ、それこそ、音楽偏差値高めなファンから言わせると違う評価なのかもしれないけどね。

でも、やっぱり名盤です。個人的なアジカンの最高の名盤は「ワールド・ワールド・ワールド」なのだけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です