メルカリ始めました▷

Mac Book Pro2016(TouchBar)15インチが届きましたので開封の儀を。


▶︎【初心者向け】MacBook Pro 15インチを買った


▶︎Mac Book Pro2016到着日は!?


オーダーしたのが10月末。一瞬で遅れ、他のユーザからすると1週間程度遅れたけどもやっと届いた、待望のMac Book Pro15インチ。

中国からの配送状況をこまめに確認すること三日。やっと、やっと我が家に届いた。
MacBook Pro、到着これが届いたまんまの状態。梱包の段ボールはガムテープをピット剥がせば開くようになっている。これ、段ボールすらapple流儀だよね?便利。

MacBook Proの梱包そしてこれが本体を包むパッケージ。シンプル。パッケージですら品位漂う。これ、apple製品を買うときの喜びの一つだよなあといつも思う。なんというか、所有に対する自己満足感が半端ないのだ。

MacBook Pro、スペースグレイパッケージを開けたところ。当然のように鎮座している、王の帰還、とでも名付けたくなる出で立ち。待ちに待ったMac Book Pro。存在感あるわあ。

MacBook Proの付属品本体を取り出すと付属品が。まるで宝石でも収められているかのような好待遇。丁寧に、丁寧に。

そしておきまりのフレーズ、「Designed by Apple in California」の一文がささやかかつ強気な自己主張を放つ。

15インチと13インチの差6年間連れ添ったMac Book Air13インチと並べてみた。下がProの15インチ。わずかばかり、15インチの方が大きい。

MacBook ProとAirの違い横から撮ったところ。発売当初、あれだけ「薄い!!」と驚異的に歓迎されたMac Book Airよりも薄い。しかし、上のMac Book Airの損傷っぷりがひどい。いや、よく頑張ってくれたと思う。

MacBook Airの方が薄いAirとの比較先端部。さすがに先端部はAirの方が薄い。この鋭角っぷりが、好きだったなあ。惚れてた。

MacBook Pro、USB-CアダプタProのみを横から写した。今回の争点の一つであるUSB-C。Proの15インチにはこれが四つついている。USB-C、今後の時代のスタンダードになっていくんだろうから、まあ仕方ない。アダプター出費は増えるけどさ。でも、電源をどこに刺してもいいってのはメリットだよな。
MacBook Pro、起動
Proの蓋を開くといきなり待ってましたと言わんばかりにいきなり起動する。そう、新しいこのMacは電源ボタンがない。開くと、動く。もちろん、一瞬だ。スリープ状態なのか電源が切れている状態なのかよくわからないけど、兎にも角にも起動は一瞬だ。

以上、とりあえず開封の儀の様子を。詳しい使用感なんかは使ってみてまたご報告いたします。
■続報です!実際の使用感を書きました。

【MacBook Pro15インチTouch Barレビュー】一週間使った感想は「買い」 | Strobolights
取り急ぎ、今後のMacはこれがデフォルトでいいと思う!ってくらい、最高です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です