【初心者向け新Mac book Pro2016】USB-Cに繋ぐアダプターまとめ

この記事は2016年11月時点の記事です。
*MacBook Pro15インチ、Touch bar付きのレビューはこちら!

【MacBook Pro15インチTouch Barレビュー】一週間使った感想は「買い」
取り急ぎ、今後のMacはこれがデフォルトでいいと思う!ってくらい、最高です。

レガシーを捨てて突き進む、appleの姿勢

Touch Bar付きのMacBookPro2016。注文は完了して到着を今か今かと待ち望んでいる方も多いと思われます。かくいう僕もその一人です。

ただ今回のバージョンアップ、Touch Barという新機能以外に抜本的な刷新が行われています。勿論ご存知の方も多いでしょう。そう、外部接続のポートが全てUSB-Cに変更となっているのです。これまで我々が愛用してきたUSBをはじめ、プロジェクターに繋ぐVGAやHDMIまでもが使えない。充電ケーブルも含め、全てUSB-Cに統一されてしまいました。
勿論、appleも意地悪でそうしているわけではありません。使う用途によって端子が変わるのではなく、何を繋ぐにしてもUSB-Cでいけるメリットはあるのでしょう。そして、小さい接続口で済むUSB-Cは、薄型化し、小型化していくモバイルPCにとって重要な選択肢。過去のレガシーにとらわれていては、進化はできない。思い切って過去に決別するべきなのです。

ただ、犠牲を払ってでも先に進もうとするappleの姿勢は嫌いじゃないんですが、あらゆる変換アダプターを常に持ち歩いていた僕からすると結構痛い。全部買い換えなくてはならないからです。
まだまだUSBは現役だし、プロジェクターもVGAやHDMIで接続することを前提としています。USB-C専用のプロジェクターなんて聞いたこともない。
だから僕たちは、新しいMacbookproに接続するために変換アダプターを買う必要があるわけです。

しかしapple公式アクセサリは高い。これを全部揃えようとすると、普通に2万円弱の出費となってしまいます。できれば安く済ませたいではないですよね。
というわけで、Amazonのサイトをアレヤコレヤ物色しつつ、比較的安くて使い勝手が良さそうなアダプターをまとめてみました。ご参照にされたし。

VGA&HDMI&USB&イーサネット(つまり全部入り)

これはなかなかすごい。これ一台持っておかえば、一通りのことができてしまいます。プロジェクター接続もVGAとHDMIがあれば大抵のプロジェクターには繋げるでしょう。結構調べたが、2016年11月現在、VGAとHDMIの二つの端子を備えているアクセサリはほとんどありません。この製品はおまけにUSBやイーサネットまで揃えているのです。すごい。少し値は張るが、それぞれ単品で買うよりははるかに安価で済む。

唯一気になるのが、ユーザの口コミで「しばらく使っていたら認識しなくなった」というもの。大事なプレゼン中に接続が切れたら悲劇。この「認識しなくなるリスク」をどれくらいまで許容できるかが購入の可否を決めるポイントになるでしょう。


VGA&HDMI&USB-C

これもVGAとHDMIが同時に使え、さらにUSB-Cも繋げることができる優れもの。プロジェクターを使ったプレゼンを常態的に行う人にはこれを持ち歩いておけばとりあえず安心でしょう。VGAとHDMI両方に繋げられるアダプターは意外と少ない。apple公式のアクセサリもそういったものは今の所存在しないので、貴重な商品です。


*追記:残念ながらこれ、全く使えなかった。結局、Apple純正のHDMIアダプタだけ買いました。
▶︎【Mac book Pro2016/USB-Cアダプタ】Uchoice 3-in-1が全然使えなかった件


Lightning

iphoneをMacに接続するために必要になるのがこちら。appleは、iphoneの接続端子を数年前にLightningケーブルに変更したわけですが、そのLightningすら新しいMacbookproには使えない。僕はプレゼン中にmacからiphoneの充電をとることが多いのですが、そうなるとこれは必須アイテムとなる。


USB

USBメモリや、ワイヤレスのリモコン、はたまた外付けHDなど、まだまだUSB形式でmacと繋げることはたくさんあるでしょう。というわけで、これは二つセットという優れもの。ケーブルもないのでコンパクト。おすすめ。


VGA

シンプルにVGAだけ繋げられればそれでいい、という方向け。僕は、あらゆる場所で年間で100回はプレゼンする機会があるのですが、まだまだプロジェクターの主流はVGA。最近HDMIも増えてきたとはいえ、音声を同時にしかも高音質で出したい、というプレゼンじゃなければ別にVGAでも事足りる。
というわけで、余計なものは一切つけないこれ。


USBハブ&イーサネット

上記にUSB接続端子をご紹介しましたが、これはハブとして使える。一台あれば三つのUSBが繋げられるのです。しかも、有線イーサネットも付いているので、出張先ホテルなどで有線に繋げる時は重宝しそう。無線Wifiが使えればそれがベストなんだけど、出張先ホテルの無料Wifiって、どうも接続が不安定なことが多くて、僕はこれまでも結局有線イーサネットに繋げていました。で、この製品はUSBハブにその有線イーサネットも付いている、一石二鳥なアイテムです。結構必須アイテムな気がする。


いかがでしたか?今後、USB-Cが普及してくるにつれてもっとアイテムが出てくると思うけども、必要なのは今だったりするので、Macbookproが届いたその日から使えるように前もって買っておきたいところです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です