【初心者向け】macでDVDを焼く方法と無料アプリ「Burn」

appleはDVDがお嫌い?

以前、Macには標準で「iDVD」というアプリが付いていて、appleデザインの綺麗なメニュー画面とともに、シンプルな操作方法でDVDを焼くことが誰でもできた。
ただ最新のiphoneのイヤフォンジャック廃止を見ても分かる通り、昨今のappleは基本的には脱ケーブル派であり、ワイヤレスやクラウドを推奨しており、MacからもDVDドライブを外しているし、基本的にアンチDVDなのだと思う。というわけで、iDVDもひっそりといつの間にか使えなくなっていた。
というかそもそもMac book airを始め、DVDドライブが付いていない方は外付けのドライブを買う必要がそもそもあるのだけど。

というわけで、iDVD無き今、DVDを焼くためには他のアプリを使う必要があるのだけど、素人が有料アプリをわざわざ買うのも気がひける。というわけで、今回は無料定番アプリ「Burn」をご紹介。

app store以外でのアプリのダウンロード方法

と、その前に、Burnはapp storeでダウンロードするわけではない。Macは、デフォルトではapp store以外で配布されているアプリのインストールがセキュリティ上できないようになっている。なので、Burnのようなアプリをインストールしたい場合は設定を変える必要がある。といってもめちゃめちゃ簡単だ。
まずはMacで「システム環境設定」を開く。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-6
一覧画面が出てくるので、「セキュリティとプライバシー」を選択。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-7
するとこういう画面になるので「一般」タブの下にある「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」から設定を変えるのだが、ここはロックがかかっている。なので、この画面左下の鍵マークをクリックし、mac本体のパスワードを入力しロックを外そう。するとさっきのところが選択できるようになるので「すべてのアプリケーションを許可」を選ぼう。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-8
するとこんなアラートが出てくるけど、無視して「許可する」を選択。これで終了だ。なお、このアラート分にも書いてある通り、30日が過ぎると設定が元に戻っている。セキュリティレベルを勝手に上げてくれるわけだ。親切だなあ、apple。

というわけで本題。DVDを無料で焼くことのできるアプリ、「Burn」。上記の方法でセキュリティレベルを下げてから、下記リンクからダウンロードされたし。

Burn
シンプルなDVD・CD作成ツール DVDビデオやデータのバックアップに!



Burnの使い方

まずはBurnの環境設定から。Burnアプリを立ち上げた状態でMacのメニューバーの「環境設定」を選択する。で、あとはもう、この画面通りにしてくれればいい(らしい)。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-5%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-6ビデオ以外に、単純なデータファイルのDVD書き出しや音楽ROMも焼ける。すごいね。まあ、今回はその辺の設定は置いておく。

で、設定が済んでしまえばあとは簡単。誰でも説明なんてなくてもできると思うけど、一応ご説明。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-4これがメイン画面。シンプル。ここに、焼きたい映像ファイルをドラッグアンドドロップで放り込む。もしくは、左下の「+」からも追加できる。

ちなみに、Mac純正動画編集アプリ「imovie」で動画ファイルを書き出すと「mov」形式になっているが、このままだと焼けない。でも大丈夫。Burnにmovファイルを追加しようとすると、アラートとともにデータ変換を自動てやってくれる。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-7こんな具合に。変換したファイルの保存先を指定すればあとは待っていれば勝手に変換してくれて、ついでにBurnに取り込んだ状態にしてくれる。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-9こんな感じ。で、あとはこの「ディスク作成」を押せばそれでオーケー。



DVDを焼く際のDVDディスクの違いに注意!

一応だが、コンビニなどで買えるDVDディスクには種類がある。適切なものを選ばないと焼けないのでご注意を。

DVD-RとDVD-RWの違い

まずそもそもだが、RとRWの違い。これはもう、単純で、一回焼いたらもう焼き直したり追加したりできないのがRで、何度も繰り返し焼いたりできるのがRW。使い方は様々かと思うので、用途に応じて使い分けよう。

データ用とビデオ用の違い

お次はこれだ。コンビニのパッケージなどに書かれているから要注意。「データ用」というのは、例えばならばUSBのように使う。「記録用」とも言う。つまり、PowerPointやらワードなんかのファイルデータを入れて、PCで再生する使い方だ。動画ファイルも、データファイルとして焼くことになる。つまり、PCでは使えるけど、DVDプレーヤーみたいなものでは使えない。

逆に「ビデオ用」はファイルデータを焼くことはできない。DVDプレーヤーに突っ込んで、テレビなんかで視聴する時用だ。「録画用」ってなってたりする。

僕も間違えて、データ用DVDを大量に買ってしまったことがあり、未だに家に10枚くらい残ってる。個人的には、データ用DVD-Rってどういう時に使うんだろう、という。。。

4 Comments

chibiyukamaru

こんにちは。いろんな検索をしてやはりBurnがいいとのことで、レンタルDVDをやろうとしたのですが、読み込むまではいいのですが、ディスク作成を押すと、すぐにイジェクトされて進むことができません。。。何度やってもだめなんです。MacBook AirにBuffaloの外付けドライブを使用しています。

返信する
strobolights

こんばんは!コメントありがとうございます。
むう、何故なんでしょう・・・。レンタルDVDはコピーコントロールかかってるものだと思うのですが、それが原因でしょうか・・・。
もしくは書き込む用のDVDROMの問題かもしれません。
うまい回答になってなくてすいません・・・。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です