メルカリ始めました▷

将来成功するための、20代の過ごし方

おわび

最初からおわびするが、まずタイトルに少々過剰表現がある。「成功するための」は、言い過ぎだと思う。そんなもの、知ってたら誰も苦労しない。

まあ、こう言うブログ記事って、クリックしてもらわないと意味がないので意図的にこういうタイトルにさせていただいた。大変申し訳ございません。

で、だ。

成功するかどうかは分からないけれど、30代も折り返している僕が感じていることを書かせていただく。個人的経験則に基づいているから、多分視点はとっても限定的だ。でもその分、当てはまる人にとっては当てはまる内容になるはずだ。

20代で意識しておくべきこと

結論から言うと、僕は20代は「自分は一体何屋なのか」を意識しておいて欲しいと思う。常に自問自答しながら、この問いについて考え、深堀り、試し、失敗し、模索して欲しい。

どういうことかというと、20代のうちで何を成しえたか、によって30代以降の身の振り方が変わるということだ。

 

まず、大前提として、この先長く続くキャリアの中で、あなたは何度かの転機に出会うだろう。望む望まないに関わらず、だ。残念ながら、もうずっと同じ仕事のままで仕事人生を全うする、という事はおそらくない。そして、そのキャリアチェンジの時に重要になってくるのが「あなたが何屋なのか」ということだ。
あなたは何に詳しくて、何ができるのか、ということだ。これはすべて、実績、ファクトベースで語られなくてはならない。大卒や20代前半の頃は、まだファクトがない。だから「頑張ります!」という精神論と勢いで何とかなるし、逆に言うと企業側もそれくらいでしかその学生の資質を見極めることができない。

 

ところが、30代になるとそうではない。それまで歩んできた仕事人生、キャリアでしか判断されないのだ。

転職活動で思い知らされた、自分の実績

具体的な話をしよう。僕も、自分のこれまでのキャリアとこれからのキャリアについて悩んだことがある。僕は20代の頃、もう営業の最前線にいて、どっぷりと営業の仕事に浸かってきた。仕事が楽しかったし、成果も上がっていた。目の前の仕事に、心血の全てを注いでいた。そのことについて後悔はない。

 

ただ、30代に入り、営業以外の仕事に手を出してみると自分がいかにできないかを思い知らされることになった。でも、これから自分の人生はこっちの仕事をしていきたいと思った。具体的に言うと、広い意味でのマーケティングデザインだ。これがどういう仕事なのかについてはまた別のところで書くとして、兎にも角にも、僕は自分のキャリアをチェンジしようと思った。

 

ただ、残念ながら周囲はそうは見てくれなかった。なまじっか成果を残していたこともあり、僕はどこまで行っても「営業」なのだ。

 

ただ一方、僕は自分の中では「営業」という仕事に限界も感じていた。僕は、根本的にはビジネスに興味がなかったのだ。お金を稼ぐということ、数字を追求するということに、そこまで深い関心があるわけではなかった。これは、営業において致命的な欠点といえた。周囲を見ると、とことん数字を追求し、数字のためなら喜んでクライアントに頭を下げる同僚がいた。僕はそれを純粋に「すごい」と思ったし、「ああ、僕はこの人には勝てない」と思った。だから僕は違う道で頑張ろうと思った。ただ、先ほども書いた通り、周囲がそれを許さなかった。

 

このままでは僕は、徒労な時間を過ごしてしまう、と思い、いわゆるキャリアアドバイザーに相談をしてみた。エージェントというやつだ。彼らは僕を高く評価してくれた。年収が上がる求人も紹介してくれた。ただ、それらはいづれも営業の仕事だった。「いや僕は、マーケティングやりたいんです」というと彼らは「それは厳しい」と言った。

 

僕には、マーケティングについては興味があるだけで、何の実績もないのだ。ひょっとしたらセンスがあるかもしれない。可能性があるかもしれない。ただ、企業にとって僕の可能性に投資をすることは投機に近かった。何故なら僕は、もう30代だからだ。会社の中では期待されていても、社外から見たらただの営業経験のある一30代に過ぎなかった。

こうして僕は、転職することを辞めた。

改めて問う。君は、何屋になりたいか

「何屋」というのはつまり、スペシャリストという意味だ。営業についてのスペシャリストなのか、はたまた企画のスペシャリストなのか。ひょっとしたらここには「業界」という観点を加えてもいい。例えば「教育業界のスペシャリスト」「流通市場のスペシャリスト」とか。

それは、ある日突然なるわけではない。それまで歩んできた時間が、実績が、あなたを「スペシャリスト」にしてくれる。

そう、キャリアとは、歩んできた道のりのことを指す。

30代に入ってからのキャリアチェンジは、なかなかに大変だ。いやもちろん、それを成す人だってたくさんいるだろう。僕が言っているのは「大変だ」というだけで「不可能だ」というわけではない。

ただいづれにしても、何の実績も成果も残していない人は例え同じ仕事を続けていたとしてもスペシャリストにはなれない。時間が経つのは、年を重ねれば重ねるほど早くなるものだ。小学校時代よりも中学時代が一瞬だったように、中学時代より高校時代が一瞬だったように、高校時代より大学時代が一瞬だったように、社会人になってからの20代というのは一瞬で過ぎる。

 

もう一度言おう。社会人になってからの20代というのは一瞬だ。

「自分は、何の道で生きていきたいか」を常に意識しながら、毎日を過ごしてほしい。それがきっと、あなたの将来を望むものにしてくれるはずだ。
■参考記事

【新入社員が心がけること】入社一年目を成功させるために | Strobolights
ただ社会人一年目というのは、長い長い社会人生活の今後を占う上でも非常に重要な時間だと思う。ということで、春から新社会人となる人向けに、個人的な経験も含めて重要なポイントをお伝えしたい。
20代にしておきたい17のこと<恋愛編> (だいわ文庫)
大和書房 (2013-09-06)
売り上げランキング: 47,359

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です