メルカリ始めました▷

アマゾン電子書籍定額読み放題、値段や日本開始時期は?

先日、なかなかインパクトのあるニュースが飛び込んできた。

アマゾンジャパンが8月に始める電子書籍の定額読み放題サービスに、講談社や小学館など出版大手が自社作品を提供することがわかった。書籍やコミックの旧 作が中心だが、人気作や新作も含まれる見通し。電子書籍の読み放題サービスは携帯電話会社やネット企業などが手掛けているが、知名度が高いアマゾンのサービスに大手が参加することで普及に拍車がかかる可能性がある。(日本経済新聞

 

この読み放題サービスは、米国では既にサービスが始まっている「Kindle Unlimited」とも言われている。もう電子書籍といえばkindleの単独勝利な感じもしているので、電子書籍というプラットフォームを抑えた上でいよいよソフトコンテンツに上陸してきたというわけだ。

定額読み放題の値段は?

定額読み放題サービスは値段はまだ不明ながら、一説には月々980円とも言われている。例えばNTTドコモが運営している同じく定額読み放題のdマガジンは400円。ただこれは雑誌だけで、漫画などは含まれていない。
漫画などの電子書籍といえばあらゆるアプリが乱立しているが、有名なのはDeNAが運営するマンガボックスだろう。これは無料で読めるが基本的には連載型で、過去のエピソードを読みたかったらそれこそ電子書籍としてコミックスを買う必要がある。
日本人からすると、やはりキラーコンテンツは漫画だろうから、漫画が月々980円で読めるのなら安いものだ。コミックスでいえば2冊読めばもう元が取れてしまう。「漫画を読む」という点でいけば、漫画喫茶よりもはるかにお得だろう。

音楽だと昨年リリースされたapple music。日本国内だと同じ時期にLINE musicやAWAなどがスタートしたが、一瞬で雌雄は決した(と思っていいよね?)。apple musicは月々980円。課金ユーザも増えていると聞いているので、まあまあ順調なんだろう。実際、僕もヘビーユーザーだ。
じゃあどこでApple Musicの優位性があったかというと、元々のiTunesとしてのプラットフォーム力の強さ、そしてライブラリの充実度だと思う。そう考えると、kindleはiTunes並みのプラットフォーム力があるし、肝心のライブラリも冒頭のニュース通り小学館や講談社が入ってくるのだとしたら超強力だ。月々980円は、非常にユーザメリットが大きいだろう。

日本開始時期は?

一応、「8月」と言われていて、8月のいつくらい、という情報は入ってきていない。こればかりは当てずっぽうで予想しても意味がないのでなんとも言えないのだが、時期に関しては気になる外敵が。
突如現れ、一瞬で世界中の話題を独占しているポケモンGOだ。そう、日本ではまだ解禁されておらず、今か今かとユーザが待ち望んでいる。

もし、「Kindle Unlimited」のリリース時期とポケモンGOの日本リリースのタイミングがかぶってしまったら、ニュース性という意味では完敗だろう。技術的なことがクリアになっているのだとしたら、ポケモンGOが日本リリースして少し間を置いてからのほうがいいかもしれない。

いづれにせよ、「Kindle Unlimited」、楽しみなサービスだ。もうこれがでちゃったら、kindle買ったほうがいいだろうなあ、と思う。

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック
Amazon (2015-06-30)
売り上げランキング: 57

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です