メルカリ始めました▷

【6 plus/6S plus】手帳型iPhoneケース「ファートーク」レビュー

前回書かせていただいたのだが、僕のiPhoneのディスプレイが木っ端微塵になり。
関連記事のIDを正しく入力してください まあ、AppleCareのお陰で最低限のコストで新品に交換してもらえたのでそこまでは良かったのだが、落下によるディスプレイひび割れが完全にトラウマになってしまった。

強化ガラスを買っては見たものの、それでもやっぱり怖い。iPhone落下はいつ何時起きるかわからないのだ。
というわけで、以前から気になっていた手帳型ケースを買ってみた。いろいろな種類が出ているが、僕が選んだのはファートーク(furtalk)だ。

これにした理由は主に3つ。

1:シンプルなデザインが良かった
2:背面にパスモなどを入れておサイフケータイっぽく使いたかった
3:安い

アマゾンで見ていたので正直質感などは分からなかった。ただ、レビュー見る限り高級感もありそう。定価5000円なのが2600円で売られているのだから、まあ安いといってもきっともともとは良い製品だったのだろう、と軽ーい感じで買った。もし失敗しても2600円だったら、勉強代ということで。

DSC03237

これが外観。合皮製なのでしっかりしていて高級感がある。届いたばかりだからか、皮製品の独特の匂いがするけど、まあそれは良しとして。

DSC03238

これが開いたところ。カード類が入るスリットがしっかり3つある。iPhone本体を入れるところは意外とポップな感じがする。嫌いじゃない。

DSC03240

で、最後にこれがiPhoneを実際にはめてみたところだ。結構分厚い強化ガラスシートを貼っているので、ケースに入るかどうか不安だったが、はめ込み口とはiPhone本体の横側で止められたので問題なくピッタリとはまった。

ファートークを使ってみた感想

手帳型ケースが初めてだったので、他の製品との比較はできない。正直、iPhoneを操作するたびに蓋をパカパカやらなければならないのはひょっとしたらめんどくさいのではないか、と思っていたが、実際に利用してみると特に気になることもなかった。

それより何より、圧倒的「守られてる感」がすごい。これなら落としても、きっと本体は大丈夫だ、と思わせてくれる。

ファートーク自体は存在感もあって、(他との比較はできないとはいえ)適度な重量感もあって良い。ただ、当たり前なのだろうが、カードを中に入れると少し分厚くなってしまうし、蓋が本体から少し浮いた感じが出てしまう。僕の場合、パスモと新幹線のEX-icの2枚を入れているから尚更だ。蓋が勝手に開いてしまう、というほどではないし慣れの問題かもしれないが。

あ、唯一の誤算というか、まあ考えてみれば当たり前なんだけど、通知がそのままだと見れない。蓋があるから、当たり前なんだけど、今まではすぐに確認できていただけにちょっとそこは手間だ。まあこれは、手帳型である以上、宿命なんだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です