メルカリ始めました▷

LAY YOUR HANDS ON ME(BOOM BOOM SATELLITES)

BOOM BOOM SATELLITESというバンド、というかユニットがいる。
というか、いた。
日本人二人組みのロックユニットだ。
日本ではいわゆるメジャーシーンに出てきたわけではないけど、海外で高い評価を得ている。というかそもそもデビューはベルギーだったりする。日本には海外で成功してからデビューした形だ。

そんなブンブンサテライツだけど、この「LAY YOUR HANDS ON ME」を最後に活動終了を宣言した。22分、という、シングルでもアルバムでもなくEP。活動終了の理由は、ヴォーカルである川島の脳腫瘍だ。もう随分前から脳腫瘍は見つかっており、その事実を隠しながら音楽活動をしてきたブンブンサテライツ。
しかしいよいよ体調が悪化していく中、ツアーキャンセルという憂き目にあい、脳腫瘍であることが明らかにされた。それでも彼らは「現状、次にいつライブが行えるか、新作のリリースができるか等、お知らせできる情報は何も無い状況ですがバンドとしてはまだ何も諦めていません。」とコメント。

しかしついに2016年、このLAY YOUR HANDS ON MEを最後に「これが最後の作品」と宣言されたのだ。

僕は、どんな気持ちで最後の曲を聴けばいいのだろうと思っていた。実際、脳腫瘍がどれくらい深刻な病気なのか詳しく知らなかったけど、少し調べただけでも致死率が高い、とか手術の適用が困難、といった文字が目に飛び込んでくる。
実際、川島も、車椅子での生活が余儀なくされ、会話もままならず、意思の疎通も難しい状況らしい。

しかし、である。そんなヴォーカル、川島が最後に歌った歌。キラキラして、高揚感に溢れていて、力強くて、空間が無限に広がっていくような感覚にとらわれるこの新曲。一体、彼の目には世界がどう映っていたのだろうか。そして、どんな想いでこの曲を歌ったのだろうか。

人生は、素晴らしい事ばかりではない。しんどいこともハードなこともたくさんある。そうした現実が目の前に迫った時に、人はそこから目を背けるか、それでも立ち向かうか、二つに分かれると思う。
希望を捨てずに、それでも前向きに、ポジティブに、前へ進む。目の前が見えなくても、光がさす方で手を伸ばし、何かをつかもうとする。

人生って、そういうもんだと思う。楽しくて、素晴らしい時間は永遠には続かない。でもだからこそ、人生が素晴らしいのだということを、僕は知っているし、この曲には一人の人間の人生が詰まっている。

LAY YOUR HANDS ON ME
LAY YOUR HANDS ON ME

posted with amazlet at 16.06.17
ブンブンサテライツ
SMR (2016-06-22)
売り上げランキング: 406

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です