メルカリ始めました▷

macの動作が遅くなったらメンテナンス無料アプリ「Macclean」を。

誰しも、初めてMacを買った時の起動スピード、何か作業をしようと思った時の処理スピードには感動したはずだ。
しかし、時というのは流れるもので、使っているうちに少しずつMacの動作は重くなっていく。

理由は単純で、使っているうちに生まれたキャッシュやジャンクファイル、またダウンロードしてきた画像やファイルなどがMac内に蓄積していくからだ。デスクトップが汚れている人も綺麗にしたほうがいい。デスクトップに並んでいるアイコンや情報をいちいち読み込んでいるから、あなたのMacは遅いのだ。
ということで今回は、Macをメンテナンスするために簡単に使える無料アプリ「Macclear」をご紹介。僕は長年、Onyxを使っていたのだけどこっちのほうが分かりやすい。日本語だし。

インストールは簡単

インストールは簡単。下記からダウンロードしてインストールすればそれで終わり。
[blogcard url=”https://www.imobie.jp/macclean/download.htm” target=”_blank”] ただ、app storeからのダウンロードではないため、お使いのMacの設定次第ではインストールできない可能性がある。
その場合は、システム環境設定から「セキュリティとプライバシー」に行き、「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」を変更しよう。

スクリーンショット 8

スクリーンショット 9

メンテナンスを試してみる

インストールしたら早速試してみる。

スクリーンショット 2

わかりやすいインターフェイス。これは使いやすい。ただ、まだベータ版だそう。今は無料だけど今後有料になったりするんだろうか。まあ、ボランティアじゃないから仕方ないけど。

一番使いそうなのはメニューでも一番上に来ている「システムジャンク」。macを使っているうちに勝手に溜まっていくジャンクファイルを検出して削除してくれる。

スクリーンショット 3

ボタンひとつで分析してくれて、

スクリーンショット 4

こんな感じで検出してくれる。8GB。。。。そりゃ重くなるわけだ。。。
で、「削除」を押すとクリーンアップしてくれる。

スクリーンショット 5

うん、なんかすっごくすっきりした気分になる。シンプルで良いデザインですね。

その他、特殊なメンテナンス

僕はこの手のアプリは結構いろんなものを試してきた。で、このMaccleanに搭載されている機能でちょっと変わった奴をご紹介。

まずは言語ファイル。意外と知られていないのだが、macはグローバル展開を見越していて、最初からあらゆる言語のファイルがインストールされている。あなたがお使いのmacは日本語が表示されるようになっているだけで、コンピュータの中にはあらゆる言語データが入っているのだ。そしてこいつらが意外と重い。僕は今までこれを自分でパチパチ消してたのだが、それをどーんと消してくれる。アラビア語とかイタリア語とか普通に過ごしていれば使わない人は消しておいたほうが良い。よほど世界中に友達いる人は別だけど。

スクリーンショット 1

あと今は「写真」アプリに取って代わられた「iphoto」アプリ。サムネイル画像を生成する際にキャッシュファイルが発生しているらしく、それを削除してくれる。

スクリーンショット 7

6.25GBもジャンクファイルがある。サクッと消しておこう。

上の言語ファイル削除機能は実は他のアプリでも見たことあったのだが、これは初めて。「写真」アプリではこの問題は解消されているのだろうか?もしそうなら、iphoto亡き後に登場した最近のmacには不要な機能なのかもしれない。

他にもある、初心者でもmacを軽くする方法

こういうメンテナンスアプリは定期的に、できれば月に一度は実施したいところだが、他にも簡単に誰でも専門知識なくできる方法をご紹介。まあ、当たり前の事だらけだけど。

デスクトップをきれいにする

これ。結構、これ。使ってるうちにデスクトップにいろんなファイルが溜まってしまっているはず。特に起動する時だが、これらのファイルを読み込んで表示させるだけでもコンピューターは能力を使っている。だからデスクトップファイルを消していくだけで相当な労力カットになるわけだ。これも定期的に掃除していこう。

電源をちゃんと切る

特にノート系macだとありがちなのが、そのまま蓋をパタン、と閉めてしまうこと。いちいちチャットダウンしないのだ。開けたらすぐ起動するからね。それはそれで気持ちいいから気持ちはわかるのだけど。

ただ、シャットダウンするということは人間でいうと眠ることと一緒。嫌なことも朝起きたらスッキリしていたりするもの。シャットダウンすることで一回リフレッシュされるのだ。

使っていないアプリをちゃんと終了させる

電源を入れっぱなしのままの場合よくあるが、アプリを終わらせないと、裏側ではずっと動いていることになる。例えば、Illustratorアプリを使っていた後にPhotoshopを立ちあげて、その後Wordを立ちあげて作業を終えた後、Safariでネットと見ていたとしたら、今はSafariしか使っていなかったとしても裏側ではIllustratorもPhotoshopもWordも全部動いているのだ。こうなると無駄にメモリを食うし、そりゃ動作も遅くなるわ、というもの。

快適な動作環境はより良い仕事を生む。定期的にメンテナンスを心がけるだけで随分とあなたのmac生活は変わるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です