メルカリ始めました▷

年齢と体重の話

今日、久々にボクシングトレーニングをしてきた。真剣に体を動かすのは実に3年ぶりとなる。

理由は二つ。
(1)大晦日の格闘技に感化された
(2)体重が増加傾向にある
関連記事のIDを正しく入力してください

というわけで、体重について話をしたい。

27歳から体重が落ちにくくなる件

実は僕は格闘技をずっとやっていた。高校時代にボクシング、大学では空手だ。

平日はもうずっと、体を動かしていた。だから、基本的には筋肉質で、体重も55〜60kgくらいだった。
大学時代、友人から「学部で一番Tシャツが似合う」と言われたものだ(過去の栄光にしかすがれない悲しき30代)。

ところが社会人になってから激務だったこともあり、スポーツの類は一切してこなかった。

そうしたらどうだろう。面白いくらいに体重がぐんぐん増加していった。

で、「そろそろやばいなー」と思ったらご飯を軽めにする。例えばサラダだけとか。
すると、3kgくらいはあっという間に落ちていた。

ところが、忘れもしないのだが、27歳になった時から、体重が落ちなくなった。
食事を抜いても、軽く走ってもほとんど変わらない。うおお、これが加齢か、と思ったものだ。

このブログを見ている方の平均年齢は20歳前後なので、ぜひご注意いただきたい。

36歳の情けない運動事情

周囲の同世代でマラソンが流行っている。僕の会社は皇居付近にあるため、皇居ランに精を出している同僚もいる。

ただ、僕はどうにも走るのが苦手だ。なんというか、飽きてしまうのだ。同じ理由で、長風呂も実は苦手だ。

もちろん、僕には合わないというだけで、マラソンを頑張っている人をどうこう言うつもりはないのだけど。

そこへ行くとボクシングや格闘技は飽きる暇がない。気を抜くと殴られる。そして1R3分という短いタームが続いていくため、テンポが良い。
僕には合っていると思う。

ところで僕は前述した通り、それなりに格闘技経験が長い。なので今日も、初めてとはいえ、軽く体を動かすフォームはそれなりだ。
周囲の人を見ても、僕よりも明らかにキャリアが短い人ばかり。となるとどうなるか。注目されるわけだ。

実際、マススパー(本気を出さず、当てないスパーリングのこと)をやっても、テクニックの差は明らかだった。多少得意になる僕。

しかし、だ。

長年の不摂生がたたり、速攻でバテた。誰よりも早く、バテた。

化けの皮は剥がれ、誰よりも見苦しい姿を披露することになったのだった。

頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です