【初心者向け】Macbook ProとMacbook air、Macbookの違いを専門用語を使わず解説する。

注意
2018年版を書いてます!最新の情報はこちらを!
【2018年版:初心者向け】Macbook ProとMacbook air、Macbook、Mac miniの違いを専門用語を使わず解説する。
当ブログの人気記事、「Macbook ProとMacbook air、Macbookの違いを専門用語を使わず解説する。」の2018年版の記事を書こうと思いました。 なぜなら、Mac Book Airが魅力的にアップデートされ、更にMac miniもいい感じになっているからです。 ということで、専門用語を使わず、つまりどう違うのかを整理してご紹介します。 MacBook Air まずはMacBook Air(以下Air)からです。多くのユーザにとって、MacといえばMBAと言えるくらい、macに市民権を獲得させた名機でした。 しかしここ数年はMac BookやMac Book Proの登場により、完全にその存在意義を失っていました。なぜって、「Air」と言いつつも他のMac Bookの方が薄かったり軽かったりしたんですもん。マジで生き恥晒してるようなもんでした。かわいそう。 でもそれでもこのAirは存在し続けました。何故って人気があったから。 では何故そんな人気なのか?Airのセールスポイントは以下の2点に尽きるでしょう。 ⑴薄くて軽い ⑵おしゃれ 元祖薄型軽いモバイルPCの元祖はこのAirででした。Airの大ブレイク後、他のPCメーカーもこぞって似たようなものを出してきましたね。 正直、実際のデータ上はAirよりも薄くて軽いモバイルはゴロゴロあるのですが、それでも人の印象というのは怖い。薄くて軽いといえばAirになってしまいました。 しかし上述した通りAirは本来の存在価値である「薄くて軽い」も、そして機能面でも他のMacBookに劣るようになってしまいました。 今ではAirを使っているユーザーはまるで動作の重いAirを苦行のように使い続けていました。これぞ信者。 しかしそれもそろそろ終わり。2018年にバージョンアップしたAirは薄さ軽さはそんなに変わりませんでしたが、機能面が大幅にアップグレード。待望のRetinaディスプレイも搭載し、もはやMac bookシリーズの中ではベストバイな商品に一夜にしてカムバックした、と言えそうです。ちなみに、以前のAirは11インチがありましたが2018版は13インチ一択となりました。

Macが市民権を得てから随分と久しいものです。特に大学生などはもうほとんどがMacなんじゃなかろうかと思うくらいMacユーザーは多いですね。
だいたいがiphoneユーザーで、PCを買い直す時や自分用に一台持ってみようかと購入を検討する時にmacが検討の選択肢に入ってくるのだから時代は変わったものです。

僕にも「mac買おうと思うんだけどどれがいいの?」という相談がくることも多いです。そして大抵の人が買うのがMacBookAir。僕もMacBook Airの13インチを六年間愛用しました。本当に素晴らしいマシンだと思うのですが、2016年末にMacBook Proに変えました。
モバイル型のmacはMacBook AirとMacBook Pro、そしてMacbookの3種類しかありません。
ということで、専門用語を使わず、つまりどう違うのかを整理してご紹介します。

MacBook Air

mba
まずはMacBook Air(以下MBA)からです。多くのユーザにとって、MacといえばMBAと言えるくらい、macに市民権を獲得させた名機。
では何故そんな人気なのか?MBAのセールスポイントは以下の2点に尽きるでしょう。

⑴薄くて軽い
⑵おしゃれ

元祖薄型軽いモバイルPCの元祖はMBAでしょう。MBAの大ブレイク後、他のPCメーカーもこぞって似たようなものを出してきましたね。
正直、実際のデータ上はMBAよりも薄くて軽いモバイルはあるのですが、それでも人の印象というのは怖い。薄くて軽いといえばMBAになってしまいました。

ただ、やはりお洒落さというかデザインのスマートさでは相変わらず抜きん出ていると思います。この辺りは趣味の世界なので個人差があるでしょうが、こだわりの生んだ上質さでは未だMBAに勝てるモバイルノートはありません。

しかしこの薄くて軽いMBA、実は機能もなかなか。まず起動がすこぶる早い。バッテリーの持ちもとてもいい。ネットサーフィンやkeynote、pagesを使った資料作成も全く問題ありません(無論、パワポやワードも可能)。

ただ、動画編集や画像編集などパワフルな作業になるとちょっときついかもしれません。動かないことはありませんが、一つ一つの動作が重くなります。
そうなるとどうしても、作業が滞って満足なクリエイティヴ活動ができないでしょう。

でも、いわゆる普通のモバイルユーザーだったらこれで十分なはず。唯一残念なのは、Retinaディスプレイを搭載していないこと。

Retinaディスプレイとは、要はものすごく綺麗なディスプレイのこと。MBA以外のデスクトップ含めたすべてのmacには搭載されています。

バッテリーの消費が激しいと言われるRetina。薄さと軽量化が命題となっていたMBAにとって、バッテリーの持ちを犠牲にするわけにはいかないというところでしょうか。

ただ、普通のモバイルユーザにはMBAで十分なはずです。

ところで、MBAで素晴らしいのはこれが初めて世に披露されたジョブズのプレゼン。「There is something in air」と題された新製品発表会。相変わらずなんの発表があるかマスコミも知らされませんでした。僕はネットで生中継を見てたのだけど、確かこの時はTime Machineが発表されました。

その名の通り、時間をさかのぼって消失したファイルも復旧できる魔法のようなテクノロジー。

会場がひとしきり沸いたところで、ジョブズお得の「one more thing(そうそう、もう一つ)」が炸裂。紙封筒から取り出されたのがこのMBAでした。
しびれるー。カッケー。

ただ、MBAは今後、廃れていく運命にあると言わざるを得ません。実際、女子に人気だったMBAの11インチは昨年、製造中止となりました。廃れていく理由はシンプルで、「Airである必要がなくなったから」に尽きます。なにせ、Airより薄くて軽いMacが出てしまったのだから。これは後述します。

Macbook Pro

mac



そしてこいつ。MacBook Pro(以下MBP)。「プロ」と名乗るだけあって、マシンの性能がすこぶる良い。今までのMBPは性能が良い代わりに分厚くて重かったのですが、2016年末に発売されたモデルからは薄くて軽くなりました。僕も15インチを使っていますが、持ち運びも全然苦になリません。

あとMBAと違うのは、こっちはRetinaディスプレイを搭載している点。その分、MBAに比べるとバッテリーも少し弱い。5時間くらいガシガシ使ってるとバッテリーが心配になってくるような感覚。

そして我々ユーザを驚かせたのがキーボードに付属されたTouch Bar。Touch Baとは、キーボードの上に鎮座する、タッチ式ディスプレイのこと。正直まだ「これがないとだめ!」というような感じでもないですが、今後のソフトウェアが充実してくることが予想されます。

というわけで、薄くて軽くなったことによってもはやど定番となったMBP。13インチか15インチかはお好みで。また13インチにはTouch Barがないバージョンも。

基本的に、僕はMBPをお勧めしたいのですが、デメリットも以下の二つがあります。

■接続ポートが全てUSB-Cに

何を言っているのかわからないかもですが、シンプルにいえば、従来普及しているUSBメモリが使えない、ということ。またプロジェクターなどに接続するVGAやHDMIといった端子も直接は繋げない。いづれにしても変換アダプタを購入することになります。

これについては賛否両論ありますが、appleはもう、従来のUSBはオワコンだと思っているのです。過去のレガシーを切り捨てて前に進むappleの姿勢を買うとしましょう。逆にそういうスタンスに信仰心がない人はきついかも。

■高い

これについてはなあー。まあ我慢するしかないと思います。

僕が買った15インチは23万円。高い。確かに高い。MBAが10万そこそこで変えてしまうのに比べるとかなりの出費。動画や画像編集など、ある程度ヘビーに使い倒したい人はMBPを買うメリットは十分あると思うけど、ネットサーフィンやワードなどの利用に止まる人はMBAや次に書くMac Bookでも良いかもしれません。

MacBook Pro15インチ、Touch bar付きのレビューはこちら!
【MacBook Pro15インチTouch Barレビュー】一週間使った感想は「買い」
取り急ぎ、今後のMacはこれがデフォルトでいいと思う!ってくらい、最高です。
MacBook Pro使い必見の外付けディスプレイレビューはこちら!
【初心者向け】LG UltraFine 5K Display 27インチを買ってみた感想
LG UltraFine 5K Display 27インチ、買ったった 買ってしまいました。 以前、気になっていることを書いたLGのディスプレイ。 要は、自宅でMacbook Proを扱う時、やはり15インチでも小さいなあと思ってしまい、外付けのディスプレイが欲しくなってしまったのです。 自宅では27インチのimacを使っていたから、27インチと15インチではその差はやはりでかいのです。 ただまあ、高い。ポーンと出せる金額じゃないです。でも何と、ありがたいことに僕のimacを買い取ってくれる友人がいて、そのお金を元手にしてこのLGのディスプレイを買った、というわけです。 MacBook Pro2016バージョンのある意味専用とも言えるこのディスプレイ。appleも公認ということで結構人気があるらしく、注文してから到着するまで2週間ほどかかりました(2017年3月時点)。 でも、当初3月14日頃到着となっていたのが突如出荷通知がやってきて、本日、無事に届いた、というわけ。 LG UltraFine 5K Display 27インチの同梱物 これが同梱物、サンダーボルトケーブルと、電源ケーブルが2本。何故2本あるかというと、差し込み口が三又になってるやつと二又になっている2種類が付いているからです。実際に使うのはどっちか一つ。しかし三又の電源ケーブルってよく見るけど、これ、どういう使い道があるんだろう。 あと、ディスプレイをアームなどにつなげたい人向けのカバー。これも僕は使わないですね。 というわけでこれがつなげてみたところ。LGディスプレイ側には電源ボタンが存在せず、MacbookProをサンダーボルトケーブルに繋いでMac側を起動するとディスプレイも勝手につく。この手軽さ、簡単さはちょっと感動もの。 LG UltraFine 5K Display 27インチを使ってみた感想

Macbook

755_1

さて、2015年になって突如現れ、我々Macファンを動揺させたのがこれ、MacBook。
それまでにあった2種類のモバイルMacは、”Air”と”Pro”という冠が語尾についていました。

そこに来て突然の”MacBook”。

この名前はなんとなく、これこそが真打という感じがしたもんです。まじりっ気なしの「This is it」感。今後はこのモデルがモバイルMacのスタンダードであり、デフォルトになっていくのでしょう。
しかもこのMacBook、MBAより薄くて軽い。上記MBAの欄でも書きましたが、デフォルトであるMacbookの方が薄くて軽いのなら、もはやMBAは存在価値がありません。今後、MBAはこのMacBookに移しかえられていくのだと思う。この辺りは記事の最後に書かせてもらいます。

薄くて軽くなった代わりに犠牲となっているのがあらゆる接続ポート。電源ケーブルやUSB、プロジェクターなどに接続する端子全部ひっくるめて、外部端子に接続するポートが一つしかありません。

これは薄さと軽さの犠牲という見方もできますが、時代はこれから物理的な接続ではなく、無線で解決してしまおうというappleの意思とも取れます。ファイルの共有はUSBメモリ使わなくてもクラウドサービス使えば出来てしまうし、プロジェクターなどの映像出力も、これからは無線で飛ばせるようになる(のかもしれない)。

そういう意味で、次世代のスタンダートという意味を込めて、MacBookと名付けたのではないでしょーか。



Macbook Airは今後なくなるの?

Macファンの間でにわかに言われているのがこの説。「MacBookAirは今後なくなるのではないか」と。

理由としては、何度か書いてきた通り、MBAより薄くて軽いMacBookが出てしまったらMBAの意味って何?というもの。
そしてipad proの存在です。

overview_social

ipad pro、実物を見た方はわかると思いますが「思った以上にでかい」と思うでしょう。
正直これ、モバイルノートを持ち運ぶのと感覚的には大差ないレベル。というか、モバイルノートのディスプレイだけ持ち歩いてるような感覚です。
実際、apple公式でキーボードも出してしまい、これを使えばもうモバイルと大差ない。まあ、これはMicrosoftのsurfaceに出遅れた感がありますが。

keyboard_social

MacBookとipad pro、これらが出てきたことにより、とりあえず現時点でMacBookAirの機能面での特徴は全くありません。
MacBookよりは重く、MacBookProよりパワフルな動作はできない。そしてiPadProみたいなタッチ操作は出来ない。

正直、MacBookAirというブランド以外にメリットがないのです。

ただししかし、このブランドというものは本当に強い。機能面で買うポイントはなくても、おそらくしばらくはブランドだけである程度売れるような気もする・・・。
となると、MBA大幅刷新は考えづらく、マイナーチェンジが繰り返されるのでしょう。そしてそうなると、僕みたいな酔狂なappleファンは満足せず、Proに移行したりするのです。

というわけで、とてもシンプルに3機種を整理してみました。
あなたの購入ガイドに少しでも役立てればこれ幸い。

あと、デスクトップ派のimacについても書きました。

【2017年発売?】新型imacを買うべき理由【初心者向けモデル予想】
こんな人はimac買ってみては?あと、21と27、どっちがいい?とか。
ビギナーズ大全 2018 ~「脱! マック初心者」の決定版~ (Mac Fan Special)
Mac Fan編集部
マイナビ出版 (2018-04-19)
売り上げランキング: 22,274

2 Comments

ナリム

始めまして。ナリムと申します。私はMacは使った事が無くこの記事は大変参考になりました。そこで質問なのですが、現在使っているノートパソコンがそろそろヤバイ状況になるつつあるので買い替えを検討しています。どうせ買い替えるなら憧れのmacbookをと思っています。
使い方としてはブログ、メール、SNSがメインです。外で使うことは考えていません。よってそこまでヘビーな使い方はしません。と言うより出来ません。
この様な感じの使い方でどのmacbookがお勧めでしょうか?
ご教授頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

返信する
strobolights

ナリムさん
こんばんは、コメントありがとうございます!
今の使い方がブログ、メール、SNSがメインならMac Book AirかMacbookだと思います。
でも個人的にはMacbookProを買っちゃうことをお勧めします。
Macっていじってるのが楽しくて、新しいことを始めてしまうんです。僕も実際、Macを買ってから写真とか動画編集とかグラフィックなんかを趣味程度ですが始めました。どれもMacに標準で入っているアプリでできます。
そうなるとMacbookProじゃないとスペック的にしんどいのです。

なので、ちょっと値段は張りますが、MacbookProをご検討ください。13インチのやつで良いと思います!「ちょっと高いな!」ということであれば上記の通りMacbook AirかMacbookだと思います!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です