メルカリ始めました▷

【mac初心者】finderを使いこなそう

意外と使われてないmacのテクニックシリーズ。今回はmac最強機能であるfinderについて書く。
これはもう、使ってみないとわからないと思うが、使っていると快適すぎてWindowsに戻れなくなる代物だ。是非、実際に使ってみてほしい。
多分、文面だけじゃ便利さはわからないと思う。

Finderとは何か

macがmacたる所以は、finderにあるんじゃないかというくらい。読んで字の如く、「使いたいファイルにさっと見つけてアクセスする為の機能」だ。
これだ。
20150724235817

これだ。20150724235826

可愛い。可愛く笑ってるのに、絶対残酷なこと考えている顔だ。
まあそれはいいとして。

まぁ簡単に言うと、フォルダを整理している機能、とでも言えばいいだろうか。
Windowsユーザーはデスクトップにいろんなフォルダ置いて、その中にファイルを整理して入れてるかと思う(最新のWindows10は知らないけど)。
まぁ、その使い方はmacでも通用するんだが、finder使いこなしてると、デスクトップからファイルにアクセスする事は皆無になる。実際、僕も全く使わない。

そもそもmacはフルスクリーンモードで使うな

そもそも、Windows癖の抜けてないmacユーザーにありがちなのが、ファイルをフルスクリーンモードで使う人。
これ。
20150725000203

要は、画面一般にファイル広げて作業することだ。僕的には、こういう人見たら「あ、ニワカだ」と思うってしまう。
macの設計思想は、マルチウィンドウ。つまり、複数のアプリケーションやファイルを同時にささっとこなしていく事を前提に作られている。フルスクリーンにしちゃったら、それ出来ないじゃん。まぁ、マルチデスクトップ機能でデスクトップをささっと切り替えながら使う手もあるけど。まどろこしい、と。

で、finderのお話。macの中のあらゆるフォルダに素早くアクセス!とりあえず開いてみてほしい。

finderの使い方

finderを開くと、左のサイドバーにデフォルトで幾つかショートカットが表示されている。デスクトップやダウンロードは使う人も多いかもしれない。
20150725000435

でも、ここに自分のよく使うフォルダを加えられる事、知らない人多いようだ。
よく使うフォルダを、
20150725000456

デスクトップからこう、
20150725000618
ドラッグアンドドロップでぐぐっとサイドバーに持ってくるのだ。

はい、追加。これで、よく使うフォルダにfinderからいつでも素早くアクセス出来る。とりあえず、幾つかのよく使うフォルダでやってみてほしい。finderさえ開けば、どこにいてもmacのどこにでもアクセスできる。快適さに興奮すら覚える筈だ。Dropboxのフォルダも加えられるので、誰かと共有フォルダ作ってる人はこれで更に便利になる。

finderは並び替えも便利!

finderの表示方法は幾つか用意されている。更新日時の並び替えとかはWindowsにもある。僕はデフォルトはこれにしている。

で、ここでもmacならではの表示方法、coverflow。そう、itunesなどで少し前に一世を風靡したCDジャケットをパラパラめくっていくあの表示方法。
↓これ。
20150725000823

で、この表示方法をfinderでもできる、と。
このcoverflow、finderとの相性は最強。これでそのファイルがどんなものだったか確認しながら開けるのだ。

で、その切り替え方法だがfinderの↓ここを押すと、
スクリーンショット 2015-11-09 23.00.51
ほら変わった。
スクリーンショット 2015-11-09 23.01.05

クイックルックという機能もあって、ファイルの上の再生ボタン押すと、そのファイル開かなくても中身が確認できる。
coverflowは表示サイズも変えられるので、大きなサイズでの確認も可能だ。

さあ今すぐお手元のmacでよく使うフォルダをfinederに追加するところから始めてほしい。作業効率が格段に上がるはずだ。

他にもこんなmac初心者向け記事書いてるので是非ご参考に。
[blogcard url=”http://strobolights.xyz/web/2015/11/08/commandshift4/”] [blogcard url=”http://strobolights.xyz/web/2015/11/07/trackpad/”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です