メルカリ始めました▷

【mac初心者向け】macのトラックパッドでドラッグをスムーズにする方法

WindowsからMacに切り替える人を見ると喜びを感じるようになって早6年。Macユーザー、珍しくなくなってきたのが嬉しい限りなのだが、結構こういう人も多い。
それは何かと言うとウィンドウをドラッグ(移動)する時に、トラックパッドをグッと押し込んでいる人だ。

それ、結構大変だと思うのだ。力いるし、移動距離が長い時に途中で指を離してもう一度押し込み直して移動しなくてはならない時もある(言ってること、伝わるだろうか)。
挙句の果てには「マウス使いたい」などという人もいる。

ちょっと待ってほしい。それは、設定次第でなんとでもなる。真のMacユーザーはマウスなんて使わない。マウスだとスワイプとかミッションコントロールとか使いづらいし。
この設定を知らない人があまりにも多いので、今回は誰が見てもわかるように全工程をスクショしてお届けしたい。

まずはシステム環境設定を開こう

初心者向けなので、まずはここから。システム環境設定を開く。
スクリーンショット 2015-11-07 0.38.42
これだ。
で、これを選択するとこんな画面が開く。
スクリーンショット 2015-11-07 0.30.31
↑Macの基本的な設定は全部ここから行う。とりあえずトラックパッドの設定を一応お知らせしとく。

トラックパッドのジェスチャ操作はここで確認出来る

macの真髄は、トラックパッド上で手で操作することだと思う。このことをmac用語で「ジェスチャ」と言う。
わざわざマウスを使って色々いじらなくても、人間の持つ”手”の操作で実に様々な操作が可能だ。
スティーブジョブズはかつて「手こそ、最高のデバイスだ」と言っていた。スタイラスペンを「ダサい」と言い切った人だ(ところが最近のappleはついにスタイラスペンを出すそうだ。さて、どうなんだろう。まだ発売されてないけど)。
スクリーンショット 2015-11-07 0.31.49
↑このブログだと動かないが、実際の設定画面ではこの右側の絵が動く。実際にどんな操作すればどんな動きが起こるかを動画で確認できるのだ。こういうさりげない心配りがappleだ。
そして、僕の設定画面はこんな風になっている。もし「副ボタンのクリック」にチェックが付いていなかったらつけて欲しい。Windowsでいうところの「右クリック」がトラックパッド上で二本指でそっとタップするだけで実現できる。クリックじゃない、タップだ。そっと触れるだけだ。
スクリーンショット 2015-11-07 0.33.15

↑スクロールなどの操作画面だ。macはデフォルトだと上下のスクロールが指の動きと逆に動くようになっている。伝わるだろうか?つまり下に指を動かすと画面が上に動くのだ。
正直、これは慣れた方がいい気がするが、どうしても違和感がある人はこの「スクロールの方向」のチェックを外し、「ナチュラル」にしとこう。僕も今はそうなっているが、そろそろmac標準仕様にしようかと思っている。「その他のジェスチャ」も確認して、いろんなジェスチャをマスターしてほしい。

いよいよトラックパッドでスムーズにドラッグする方法

さて本題。実は今回の目的の「トラックパッドスムーズドラッグ方法」はトラックパッドの設定画面ではできない(正直、これは分かりづらいと思う)。
先ほどのシステム環境設定の「アクセシビリティ」を開く。
スクリーンショット 2015-11-07 0.30.31

↓するとこんな画面が開く。
スクリーンショット 2015-11-07 0.34.17

↓で、この画面左のメニューを下に移動すると「マウス/トラックパッド」が出てくるので選ぶ。
スクリーンショット 2015-11-07 0.34.28
↓で、この状態にしてほしい。おそらく、デフォルトだと「ドラッグロック」がありになってると思う。これを、なしにすればオーケー。
スクリーンショット 2015-11-07 0.35.20

どうだろう。試してみてほしい。ウィンドウを軽くタップして、そのままの状態でついーっとトラックパッド上を動かすとススッと動くはずだ。
これで、煩わしい操作から解放されるはずだ。

macには便利な設定や操作がたくさんある。少しずつ、ご紹介していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です