メルカリ始めました▷

アドルフに告ぐ(手塚治虫)

手塚治虫の大作。「アドルフ・ヒットラーはユダヤ人だった?」という極上のミステリー。

戦争/ミステリー/歴史/人間群像のどれかが好きな方はどストライクかと。掛け値なしのおすすめ。

三人のアドルフ

このマンガは三人のアドルフを中心に描かれる。

・ナチスの総統、アドルフ・ヒットラー

・神戸に住む、ドイツ人と日本人のハーフ、アドルフ・カウフマン

・神戸に移住しているユダヤ人のアドルフ・カミル

舞台は第二次世界大戦中の神戸。そして時々ドイツ。
そして最終的にはある場所が舞台となる(ネタバレはなし)。

様々な伏線と様々な人の思惑が絡み合う歴史ミステリーとしても極上だが、やはりこの物語の真髄は「理解しあえぬ悲劇」だろう。

異なる世界に住む二人

アドルフ・カウフマンとアドルフ・カミル。
神戸で生まれ育った彼らは、幼少期の頃は親友で、同じ秘密を分かち合うほど強い絆で結ばれていた。

ドイツ人とユダヤ人。
お互いが成長するにつれ、どうしようもない現実の壁によって二人は引き離されていく。

アドルフ・カウフマンはナチス幹部候補育成機関、ヒットラーユーゲントに入学し、神戸に住むユダヤ人の友達を想う一方、ナチスの選民思想の虜になり、その狭間で葛藤していく。
一方のアドルフ・カミルはこくこくと戦況が移り変わっていく中、神戸でユダヤ人の権利を守りながら日々必死に生きている。

そして二人は、再会する。

人は何故争うのか

この物語のテーマは「正義とは何か」「何故人は争うのか」だ。
勿論答えはないし、何はどうあれ「人は争う」のだと思う。

このマンガの時代は、その争う手段が戦争であり、国家であった。
幸い、私たちが生きている現代は基本的には「戦争=NG」という価値観の上でかろうじて成り立っている。

国家レベルの話は僕には分からない。
でも、本当は大切にしたいのに、仲良くしていたいのに、辛くあたる言葉が出てくる局面、誰しもあるんではないだろうか。
自分で傷つきながら、でもそうせざるを得ない。それを言ってしまったら絆にヒビが入る事が分かっていながら、相手を否定するような言葉を言ってしまう。

きっと、弱さゆえなんだろうなと思う。

弱い人間同士がお互いを守るために戦い、傷つく。でも、それを止める事は出来ない。

もしその事に何か感じるものがある方は、是非このマンガをラストまで読んでほしい。
きっとズドン、と言葉にできない衝撃を受けるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です