メルカリ始めました▷

はじめてのクリティカルシンキング(ロジカルシンキングVOL2)

前回、ロジカルシンキングについての導入のお話をしたのでその続き。
関連記事のIDを正しく入力してください

前回まとめ
⑴ロジカルシンキングは万能ではない。
⑵特性と役割を理解しないと、身につかない
⑶役割その1は物事を整理して構造化し、把握し、アイデアを出しやすくする土壌を整える為
⑷役割その2は相手に説得する上でわかりやすく説明する為

では今回は基礎かつ必須な思考法、「クリティカルシンキング」について。

クリティカルシンギングとは何か?

クリティカルシンキングは日本語で言うと「批判的思考力」と呼ぶ。
物事を”批判的に”見る、という意味だ。”批判する”ではなく、”批判的に見る”、だ。

つまり、一言で言ってしまうと物事を一回疑ってかかる、というもの。
当たり前と思われている物事を疑うのだ。
批判的に物事をみる事で、今まで見えていなかった真実や理解してなかった構造を理解する事が出来るのだ。

改めて考えたことがないけど知らぬ間に当たり前のように信じ込んでいることを”暗黙の前提”と言う。
あるいは”思考停止ワード””マジックワード”なんて言葉もある。
よく分かっていないし実は考え込んでいないけど、なんとなく聞こえがよくてスゴそうに思えてしまう言葉。

例えばコミュニケーション能力。よく必須と言われるが、コミュニケーション能力って何?と聞かれたら
あなたは何と答えるだろうか。「意思疎通する力」というかもしれないけど、そんなものは同じ言語を使っていて
正しく会話できていたら誰でもできる話だ。コミュニケーション能力とはもっと細分化されるべき言葉なのだ。

日本人は暗黙の前提に囚われまくっている

そして日本人はこの暗黙の前提に囚われまくっていると言われている。

”阿吽の呼吸”という言葉がある通り、わざわざ言わなくても察する美徳が日本にはある

ただこれは、狭い国土の中で、同じような髪型、肌の色を持ち、同じような文化圏、価値観の中で密集して生きて来たから成せる技で、あらゆる人種とあらゆる宗教が混在する大陸では通用しない。

昔、元寇という事件があった。

元寇(げんこう)とは、日本の鎌倉時代中期に、当時大陸を支配していたモンゴル帝国(大元ウルス)およびその属国である高麗王国によって2度にわたり行われた対日本侵攻の呼称である。wikipediaより

海の向こうからやってきたモンゴル軍と対峙した時、日本の武将は刀を抜き「やあやあ我こそは・・・」と日本の合戦の習慣をそのままやった。
しかしモンゴル軍はそんな慣習がない。
ということで、日本武将の勇ましい名乗り劇を無視して”てつはう”を武器に日本軍を驚かせた。

「なんぞあれは!?卑怯なり!」と思ったことだろう。
maxresdefaultこのように、日本人は阿吽の呼吸の中で生きている。日本の中でしか、知ってる人同士の間でしか通用しないルールの中で生きている。
「改めて」「そもそも」考える頭の習慣がそもそもないのだ。残念ながら。
だから日本人は、クリティカルシンキングが苦手だと言われている。

現象の裏側の原因を探る

僕らは大なり小なり悩みを抱えている。大体において僕らが悩んでいるのは”現象”に対してである。この現象は、目に見ている。
現象2
しかしこの現象の”原因”に思考が及ぶ人は少ない。何故なら原因はまだ顕在化しておらず、クリティカルに見ないと発見できないからだ。
そしてその原因の捉え方を間違えると、解決策も間違えることになるし、原因を正しく理解出来ていると的確な解決策が導き出せる
現象3

例えば、あなたは喫茶店の店長で、ここ半年で店の売り上げが落ちていたとしよう。
この「売り上げが落ちている」現象に対して、ただ闇雲に頑張るのは能無しのやることだ。
一体何故、売り上げが落ちているのか?
クリティカルに店の状況含めあらゆる情報を捉え、原因を正確に突き止めることができれば、解決策は自ずとでてくるはずだ。

さて、クリティカルシンキングの必要性はお分りいただけただろうか。
次回は具体的な方法についてお話ししたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です